2017年06月21日  徳川さんちの十五代:ニ代・秀忠その2

 毎度ながらお時間頂きまして申し訳ありませんm(_ _)m
 秀忠2回目は、彼の人となりや時代背景などをクローズアップしてみました。
 秀忠くん、意外といいガタイしていたらしいです(笑)
 お読みくださるかたは続きへお願いします。

続きを読む

2017年06月18日  なぜか無くなる好きなモノ&拍手お返事

※テレビ番組のご紹介は、先週からひっそりと中止させていただくことにしました。既存の更新に傾注していきます。ご了承くださいm(_ _)m

 好きなモノや気に入ったモノほど無くなってしまうこと、ありませんか?
 私だけかもしれませんが、なぜかそういうことが結構あります。
 例えば、行きつけのお店が驚きの速さで閉店してしまったり、店舗改装後に商品入れ替えがあって、購入していたものが店頭から消えてしまったり。

 この前も、おいしいドレッシングと出合ったのでもう一度買おうと思ったら、購入したお店から消えていました。近くのお店をほうぼう探したのですが無く、ネットで調べてみたら販売自体が終了/(^o^)\

 何故なんでしょう、そんなに私の需要ってニッチな内容なんでしょうか(・・?
 いやー、そうでもないと思うんですけど…ふつーぐらいだと…


 本日もお越しくださいまして、拍手もありがとうございます。お返事は続きへ。

続きを読む

2017年06月17日  2016年3月 京都・大阪・奈良三都縦断の旅 その8・住吉大社その1

santo2016-1-c - 1
旅の二日目は大阪を訪ねました。
まずは摂津の一宮、住吉大社へ。
南海本線住吉大社駅で降りると、目の前はすぐに灯籠が並んでいます(^^)

 住吉大社とは、住吉三神と息長足姫命(おきながたらしひめのみこと)を祀る神社です。
 イザナギノミコトが妻のイザナミノミコトを取り戻すべく黄泉の国へ行き、地上へ戻ってきてから禊を行った時に生まれたのが住吉三神。
 息長足姫命は神功皇后のことで、神功皇后が新羅遠征の際に住吉三神の加護を得て勝利したそうです。
 その後、住吉三神の神託を得てこの地に住吉大社が築かれたとのことです。

 新選組的には、はっきりとしたことはわからないのですが、慶応元年の六月か七月あたりに、総司が脱走隊士の酒井兵庫を追って住吉大社に来たとか来なかったとか。ちょうど新選組が大坂に屯所らしきものを置き、大坂の治安維持に加わっていた時期ですね。


 でっかい写真満載、お読みくださる方は続きへお願いします。


続きを読む

2017年06月14日  徳川さんちの十五代:二代・秀忠その1

 偉大な初代・家康に続くのは、三男の秀忠です。
 秀忠に関してはよく「地味」「親父の影に隠れがち」といった評価がなされていますが、この人が実直で真面目な跡継ぎでなければ、徳川幕府は基礎を築くこと無く、260年も続かなかったかもしれません。昔から聞く話ですけど、2代目には2代目のプレッシャーがあるようですからね。そう考えると秀忠も意外とすごかったんじゃあないかと思います。

◆簡易プロフィール◆
生年:1579年(天正七年四月七日)
没年:1632年(寛永九年一月二十四日)
享年:54歳
将軍在位:18年3ヶ月
身長:160.0cm
血液型:O型の可能性が高い

 続きに秀忠の生涯を格納いたします。
 お読みくださる方は続きへお願いします。

続きを読む

web拍手
pixiv
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム