2017年09月16日  ちょっと前に新聞発表された浪/士/組/の/名/簿&拍手お返事

 今年の5月末あたりに新聞発表された浪/士/組/の/名/簿の写しを、人づてに入手しました。

 T大H学部にあり、しばらく修復中で閲覧が許可されていませんでした。
 そして今年の1月辺りから閲覧許可が降りていたようでしたが、私が入手したのは5月の頭。
 誰でも閲覧・複写が可能です。ただし、行った人の話によると手続きがとても面倒らしいので、時間には余裕を持って行ったほうがよさそうです(;^ω^)

 新/選/組の前身である浪/士/組が上京する際に作成された名簿です。
 いつ作られたものかはわかりませんが、浪/士/組が結成されることが決まってから、江戸へ戻り新/徴/組となるまでの間と思われます。

 書かれているのは、上洛予定者の名前・年齢・出身地・家族構成。
 昔の文字で書かれているので解読が必要ですが、『写/真/集 新/選/組/法/典』に他の上洛者が書いた名簿の活字化があるので、それと照らし合わせていけば誰でも(私でも)だいたい読めます。しかし活字化のほうには、原文にそう書いてあるのか、出身地の表記が異なっているところがあるので、国立歴史民俗博物館のサイトの「旧高旧領取調帳データベース」で逐一調べていくといいでしょう。

 新聞記事にも出ている通り、下は10代から、上は60代まで幅広い年齢層で集まっています。
 30代、40代も多く、妻子持ち、孫あり、または計十人で住んでいるという人も。

 で、肝心の新/選/組/隊/士についてですが。
 いわゆる芹/沢/派には妻帯者、子どもありという人もおりますが、近/藤/派は局長以外全員独身のようです。
 パ/チ・総/司・平/助は局/長のところへ同居、山/南/さんは知り合いのところへお住い、源/さ/ん・サ/ノ・副/長に関しては、出身地だけでどこに住んでいるのかは書かれていませんでした。

 現在では、この浪士組のメンツが、呼びかけで勝手に集まってきたのではなく、声がけで集まったのが確認されていますが、それでもどうしてこの中に近/藤/派がいるのかとか、名簿の中の並び順にどんな意味があるのかとか、上洛後の行動も何か納得行かないところがあるとか、まだまだわからないことがいっぱいあります。だから知りたいんですけど(*^^*)


 本日もお越しくださいまして、拍手もありがとうございます。お返事は続きへ。

続きを読む

2017年09月03日  【台所西の丸化計画】クレンザーの威力再確認&拍手お返事

 金曜日の夜に倒れて、気がついたら土曜日の昼を過ぎていました。夏の疲れが溜まっていたのだと思います。
 それに加え、ここのところ仕事が忙しく、いつもより神経を使うモノだったり、バイクの調子が悪くてバイク屋を行ったり来たりだったりもしていたので、まあふつーにキャパオーバーということで(;^ω^) ご心配おかけしました。

 閑話休題。
 ここ数ヶ月、台所のクレンザーが行方不明になっていました。これまでも見当たらないことはありましたが、お風呂場で見つかったりしていました。何故かはお察しください。今回どこにもない理由はわかりません。が、私が最後に使い切ったとかではないことは確かです。

 とりあえず新しいクレンザーを買いました。
 久しぶりに使ってみると、台所用液体洗剤だけでは落ちなかった汚れが落ちる落ちる。三角コーナーもシンクもピッカピカです。すごい。

 というわけで改めてクレンザーのパワーを実感しました。
 あと、誰かは詮索しませんが、使ったら元の場所に戻してほしいし、使い切ったら言っていただければ買ってきますのでお願いします^_^;


 本日もお越しくださいまして、拍手もありがとうございます。お返事は続きへ。

続きを読む

2017年08月26日  4190円(税込)の決意&拍手お返事

 地獄のお盆休み(と、それに伴う大量のゴミ出し)が終わりました。
 休みたいなーと思っていたところへ、たまたま日程の調整上、昨日から月曜日まで4連休になったので、やっとゆっくりしているところです。

 ツイッターでもちょこちょこ吐き出せていただきましたが、お盆だけじゃなくて長期休暇なんていつでも地獄です(やさぐれ〜)
 だいたいこちらの休暇が始まる頃に大勢やってきて、終わる直前にお帰りになるので、こっちは休みどころか仕事をしている方が楽という( ¨)

 でも、今年のお盆はいつも以上に最悪でした。

 来ないと言っていたけど来るだろうなというところまでは当たっていたのですが、相方はんと私がお盆休みに入る前日の夜に来て、終わる前日に帰りました。
 まあそれはいい。それだけならまだマシ。長期休暇としては通常運転。
 今年のゴールデンウィーク、そして今回の夏季休暇と、ちょっと毛色の変わったお客様が来るようになりまして。
 そのお客様が、身元詐称・秘匿してるんですよねえ。まあ、平たく言えば、プロフィール詐欺? みたいな?

 秘匿しまくるんでおかしいなと思って誘導尋問したら、まあ詐称が出てくる出てくる。
 呆れ返るぐらい出てきました。

 連れてきた人もひどいんです。
 詐称と秘匿に加担している。
 相方はんに相手を任せて、自分はずっと寝ている。
 で、皆が寝る頃に起きて、ひとりだけゲームしてる。
 お盆なのに、うちから乗り物ですぐのところにあるお義父さんのお墓に行こうとしない(後でどうにか行ったけど)。

 おまけに、ゴールデンウィークの時もそうだったんですけど、お客様の保護者様から、お世話になりましたとかなってますの電話もないんです。
 ゴールデンウィークの時も今回も、うちは何泊も泊めて、遊び相手をし、ご飯も食べさせて遊びにも連れて行った。
 普段使いなら必要のない、ニンテンドーSwitchのコントローラを買い足したり、ゲームを増やしたりもした。
 しかもゴールデンウィークの時は単数だったのですが、今回は複数です。
 それで身元詐称・秘匿されて、尋問したらやっと吐いて、しかも「バレちゃったー」的な態度だったし、ちょっとここには書けないようなこともあったので、さすがに私がキレちゃったんですよねェ。

 あまりにも誠意がない。
 保護者様から連絡させろ。
 もし今回連絡がなければ二度とうちの敷居はまたがせない。
 と、まるでどこかの頑固親父のようなキレっぷりでした(笑)
 言っておきますが、キレたのは私ですが、内容は家族の総意です。
 二度とうちに来られない・預けられないのは嫌だったのか、お客様の帰宅後、保護者様からソッコーで電話が来ました。

 私個人としては連絡があろうとなかろうと今後一切関わり合いになりたくないんですが、そういうことにはならんでしょう。
 なので諦めて、自室用のポットを買い替えました。

 長期休暇でうちに人が大勢来る時、私は居間で食事をしないことにしています。
 おさんどんで忙しいし、座るところもないし、ぶっちゃけありとあらゆるお客様がひどいんで食欲もないし、どなた様かが張り切って出してくる飲食物はいつのものかわからないし、一緒に食事したくないからです。
 基本的には自室でインスタントスープを飲んで、固形物を軽く口にする程度。
 そのスープのための小さな電気ポットが壊れてきたので、新しいのを買ってきました。

 ポットのお値段は税込4190円。
 たまにしか使わないのにもったいないかもしれませんが、この4190円で、年末年始・ゴールデンウィーク・お盆・シルバーウィーク等の長期休暇を耐え忍ぼうと思えば安いものだと思う。

 ちなみに、イヤで大変だからこそ、この時期にお義母さんひとりを置いてどこかへ旅行に行ったりなどいたさぬと思っているのですが、逆にこんな嫁なら不在のほうがいいと思われてたりして(笑)


 本日もお越しくださいまして、拍手もありがとうございます。お返事は続きへ。

続きを読む

2017年08月19日  母から聞いた祖父と戦争&拍手お返事

 私の祖父は戦争に行きました。そして帰ってきました。

 昔、小学校の授業で戦争のことをやった時、先生が、
 「おじいちゃんたちに戦争のことを聞いてみてください」
 と言われたので、祖父の家に遊びに行った時に、聞いてみようかと思いました。

 でも、私には聞けませんでした。
 優しい人なので聞けば話してくれたかもしれないけど、授業で散々戦争とは辛いもので、二度と繰り返してはならないものと聞いたのに、もしかしたら祖父は誰かを図らずも殺してしまったことがあるかもしれないのに、その記憶を祖父に思い出させることなど、出来ませんでした。

 後に、母に聞いてみました。祖父から戦争のことを何か聞いていないかと。
 母も多くは聞いていなかったそうですが、ふたつほどエピソードがありました。

 ひとつは、満州に渡っていたこと。
 朝、顔を洗う時に、気をつけていることがあったこと。
 嘘かホントかはわかりませんが、祖父が赴任した場所では顔を洗う時に手に貯めた水の中で顔を動かすので、日本人だとバレないようにそうしていたとか。近づけば顔立ちで日本人だとわかってしまいますが、遠目にはこれでバレなかったらしいです。

 もうひとつは、終戦後に帰国した時のこと。
 船で長崎県の諫早湾に戻ってきて、汽車に乗る手筈だったのか、諫早駅に行きました。
 駅の水飲み場で水を飲んだ時、「ああ、日本に帰ってきたんだな」と思ったそうです。

 戦争の記憶を引き継いでいくためにはもっときちんと聞いておいたほうがよかったのかもしれませんし、今なら聞けたかもしれませんが、このふたつのエピソードだけで私は充分です。

 命を守るために行った細心の行動、戦争が終わって無事に戻ってきた安堵感。
 そして、たくさんの命が失われた戦争で、祖父が帰還できた幸運。
 それだけで、充分です。


 本日もお越しくださいまして、拍手もありがとうございます。お返事は続きへ。

続きを読む

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム