『江』第十一話「猿の人質」

 今日の大河感想は続きへしまいます。そしてレビューは今回で打ち切らせていただきます。どんな暴言もマジでオッケーな方だけ続きへどうぞ。


~読まない方のための日記~
 今日はいつもお世話になっている歴史について語る会の方に、幕末の書籍を見せていただきました。組に関する本で欲しいものが何冊かあるのですが、中身を見てから購入したいと思い、そのシリーズをコンプリートしている方に無理を言って時間を作ってもらいました。そして一人で行くのも何なので、那由さんを道連れにしました。
 もくもくと百冊以上あるシリーズを一冊ずつ調べていって、最終的には30冊ぐらいまで絞ることが出来ました。要不要を確認できたので、見せていただけて本当によかったです。そして那由さん、快くついてきてくださってありがとうございましたv 自分一人では見過ごしてしまったであろう本も、気づいていただけて助かりましたっ。


 本日もお越しくださいまして、拍手もありがとうございます。連載資料の年表も、だんだん出来てきました。






 お市ママンが退場してどこ見ようと思っていましたが、おね様と龍子姉貴がぐっと締めてくれたのでいいなあと思

 …ってました。

 あの、千宗易の台詞が出るまでは。

 身内がなくなって、ようございましたなあって、どういうことよ。

 その後の宗易さんの解釈がどうであれ、納得できない。

 その台詞を聞いた瞬間、逆鱗をむしり取られたような気がした。


 …というわけで、今まで出来るだけいいところを探して参りましたがもう限界です。レビューはこれにて打ち切らせていただきます。私の人生観や歴史に対する感情と軸が合わなくなりました。いちおう今後も見ることは見ますけど、いつ脱落してもおかしくないです。(大変酷いので隠します。→)某所で連載されている脚本家さんのコラムでも大河書くの辛いとか読んじゃったし。別の言い方あるじゃないですか、産みの苦しみとか。辛い辛いと思って書いているのを私たち見せられてるんですか? そりゃ面白くないわ。(←隠しここまで)

 大河レビューをここまでお読み下さり、誠にありがとうございました。こらえ性がなくて申し訳ありません。今週から始まる血風録、同じ放送局だから大丈夫か心配になってきたな…;


テーマ : 大河ドラマ 江  ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント

非公開コメント

No title

江は、本当にひどいですよね(>_<)
私も見ていますが脱落しかけです・・・。
根本的に監督さんが「江はファンタジー」とかよくわからんことを言っていたので、「はあ?」となってしまいましたo(`ω´*)o
血風録も不安ですね(´;ω;`)配役があんまり好きじゃないので(土方さんが永井大っていうのがどうも・・・)、元々期待はしていないのですが、意外と役者さんは見慣れるものですし、あとは脚本次第だと思うので、新選組好きの私としては、外せないなと感じているのですが・・・。

何だか愚痴になってしまいましたが、『風に吹かれて』は変わらず私の期待を裏切っていないので、今後も楽しみにしています(*・ω・)ノ

>天海桜さん

こんばんは~。
ん~、別にファンタジー大河でもいいんですけど、自分の視点と重ならなくなってしまいました。
血風録は新衛星放送の目玉ですし、原作を踏襲していただければ大丈夫だと思いたいです。
ちらっと写真を見たところでは総司がかなり期待できそうな雰囲気が…。
連載、お待たせしてすみません! 必ず復活します。資料にする年表も続々と長くなっております。
早く再開のお知らせがお出しできるよう、頑張ります。
web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム