単行本第31巻感想

風光る 31 (フラワーコミックス)風光る 31 (フラワーコミックス)
(2011/12/26)
渡辺 多恵子

商品詳細を見る


先月末に発売された第31巻。
祈りを籠める二人の姿が印象的ですね。
祈りには、願い・鎮魂・神との交流・感謝や畏敬の念を現すなど、たくさんの種類があるそうです。
本の内容も現在の日本の状況も、様々なかたちでの祈りがあると思います。
では続きに感想と言うよりもまとめになってしまったものを格納いたします。


 本日もお越しくださいまして、拍手もありがとうございます。さっき外を掃除してきたんですが、その時だけ曇って風が吹いてきました。今は晴れて穏やかです。むむむ(笑)

~単行本第31巻感想~
中扉は兄上です。
このポーズ、連載の表紙絵にもなっていたし、一筆箋の絵でも使われていたし、絶対単行本派の皆様にも見ていただきたかったので嬉しいです。

 本編の収録は第159話から第164話。
 副長が参謀に追い詰められ、参謀の新選組からの離脱に荷担させられそうになり、局長の助けで息を吹き返すまでと、中扉にピンで登場した兄上が参謀について脱退してしまうまでを描いています。兄上はいつもかっこよくていらっしゃるが、ますますかっこいい。兄上ー!

 161話では単行本30巻発売目前特別企画として検定が行われ、162話で正解が発表されました。100点満点は28名、平均点は93.6点だったそうです。28名の内抽選で10名にオリジナルの湯飲みが、選外の方90名にオリジナル切手シートが送られました。当選された皆様、おめでとうございます。次回また検定があるとしたら、単行本138ページでセイちゃんが持っている誠印の鏡をプレゼントにしていただけないかなあ…あれ欲しいなあ…。

 ちなみにこの検定にはアンケートコーナーが設けられていて、集計結果も正解と同時に発表と成っていました。「幕末の世界にトリップ出来たら誰に会い、何をしたいか」という内容でした。
 トップは総司で、一緒にお茶したり甘味を食べたいなどの、食に関するご一緒が多かったそうです。総司が目の前でおいしそうに食べている姿、見てみたいですよね。
 時点はフクチョーでした。答えが皆さんストーカーです。うん、気持ちわかる(笑)
 三位はもちろんこの人、兄上です。「とにかく励ましてあげたい」という意見に激しく同意です。頑張れ兄上。
 四位はセイちゃんでした。セイちゃんと会えたらどうしたいか…むしろ気を遣っておもてなししてくれるだろうから、それについていくだけのような気がしますねえ。
 私は局長と参謀にも会ってみたいです。局長には角屋に連れて行ってもらいたいし(連れてってもらうような知り合いが居ない)、参謀は怖いもの見たさで(失礼な)。でもきっと参謀はきれいでいい匂いがすると思う。あ、あと、永倉さんのひげじょりじょりとか原田家にお邪魔して茂君をだっことか、へーすけの郭でのもてっぷりを見るとか。最後は源さんのお茶で決まりですね。

 巻末のおまけまんがは前巻に続いて時について。「おやつ」はなぜおやつというのか。昔の時では、八つ時は午後2時頃。それがなぜ、現代で3時のおやつを示すようになったのかが議題です。もくもくとおかしを食べ続ける総司がかわいいですね。そして背景の書棚、これは先生のお宅にある書棚なんでしょうか。どんな本があるんだろう、ちょっと訪問させていただけないだろうか…(←きもいやめなさい)

各回感想は以下のリンクからどうぞ。
・お花達4月号感想
・お花達5月号感想
・お花達7月号感想
・お花達8月号感想
・お花達9月号感想

単行本での変更点
・74P 右下のコマ、廊下の柱に明かり追加(本誌の印刷がつぶれて見えないだけかもですが)
・94P 右下のコマ、局長の台詞に汗マーク追加
・122P 川柳が入っているはずのあらすじ欄に、まんがの1コマが入っている
・132P 右上のコマと下のコマに桶追加
あとはトリミングの関係で端っこまで写っているとかいないとか、だと思います。

 単行本になったので関係はないのですが、チェックしてて気付いたことがひとつありました。あらすじ&登場人物説明のところで、参謀の説明が、162話まで「参謀。密かに幕府に不審を抱く」→163話「参謀。御陵衛士を組織する」→164話「元参謀。御陵衛士隊を組織する」に変わっていきました。兄上も163話まで「三番隊組長。組内で一目おかれる」→164話「元三番隊組長。御陵衛士隊に志願」となりました。切ないですねえ。


 ここまでお読みくださりありがとうございました。お粗末様でした(ぺこり)


テーマ : 漫画の感想  ジャンル : アニメ・コミック

コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム