夢小説短編部屋作成&お花達10月号感想

 毎度お越しくださいまして誠にありがとうございます。

一、夢小説の短編部屋を作成し、拍手文を掲載いたしました。

 本来なら明日、金曜日にお出しするものでしたが、新作ではありませんし、準備も出来ましたのでお知らせいたします。
 通常の長編の部屋に、「短編はこちら」という印がありますので、そこからお入りください。今週は更新直後ですので、メニューページからも入れるようになっております。


二、続きに今月号の感想を格納いたしました。

 なお諸事情により、今月でお花達の感想を休止させていただきます。本誌ならではのビッグなサイズや他の漫画家さんたちの作品も楽しみにしていたのですが(穂/積さんの新連載、すこぶる面白そうですよね。ヴィンセントじゃなくテオが主役って新しい気がする。実は穂/積さんちょう好きちょう頑張れ)、今後は単行本で追いかけますので、よろしくお願いします。


 本日もお越しくださいまして、拍手もありがとうございます。お返事は別記事にてしたためます。まず本誌感想をば。


〜お花達10月号感想〜
まず表紙。
夏の総司、いいですねえ。
鎖骨スキーとしては、ちらりとみえるところがたまらんです(ハァハァ)

さて本編。
配置換えになってもセイちゃんは、かいがいしく総司の身の回りの世話をします。
恋の青春真っ只中の総司には、それが「鬱陶し」く感じられるほどです(苦笑)
局長にはお孝ちゃんとの間に子どもが出来、監察の山崎さんはいよいよ本格的に組長就任へ。
新選組は一見、絶好調です。

その裏では、御陵衛士を率いている元参謀が、平助を組へのスパイとして使おうと言葉巧みに平助を口説きます。
迷いながらも密偵を引き受ける平助。
また、総司の咳き込みもだんだんとひどくなってきて…

*********

個人的には山崎さんの出番が今後増えそうで、期待てんこです。
そして局長、おめでとうございます。どっちですかね。
副長のビシバシな采配ぶりもモエでした。
元参謀の見事すぎるお芝居に騙される平助に、「平助、後ろ後ろー!」みたいな。(ちょっと違うか)
それに何よりも総司、心配だなあ(´・_・`)
そこかしこに忍び寄る影にじりじりいたします。


今月もお粗末さまでした(ぺこり)

コメント

非公開コメント

web拍手
pixiv
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム