更新再開のお知らせ

 おはこんばんちは、コヤマです。
 昨日は春のように暖かく、今日は真冬に戻って降雪という中、皆様いかがお過ごしでしょうか。

 長い間お休みさせていただき、ありがとうございました。
 仕事のこととかいろいろあったのですが、ようやく沈静化してきたので更新を再開しようと思います。


 2月14日(金)、夢小説の続きをアップいたします。
 よろしくお願いします。


 黙って見守ってくださった方々、ありがとうございます。
 お声がけくださった方々、ありがとうございます。
 見るに見かねて食事に連れ出してくれて、話を聞いてくださった方、ありがとうございます。
 待っていてくださった皆様に、心から感謝します。

 続きに、お休みしていた間のことについて、ちょこっと書いておきます。
 くだらない話でもオッケイよという方はどうぞ(笑)

〜見苦しい言い訳〜
見苦しすぎるので反転↓
 前回のブログにも書いたのですが、とにかく仕事が忙しくなりすぎてしまいました。
 残業して帰ってきてから家のことも出来ないし、持病の癪が出て長時間止まらなくなり、さらに左の耳の鼓膜が羽虫でも入ったみたいに震えるようになり。
 さすがにちょっとまずいなと思って、考えた挙句、上司に「辞めたいんですけど」と申し出ました。
 結果としては、伍長から平隊士に降格(比喩表現が正しいかはわかりませんが)という措置を受け、会社には残ることになりました。

 この不況の中、せっかく伍長になったのに平隊士に戻るとか、馬鹿げているのかもしれません。
 でも、私の人生は“そこ”にはなかったことに気づきました。 

 というわけで、仕事についてはケリがついたのですぐにでも更新を再開したかったの で す が 。

 この話がまとまったある日。
 お休みだった相方はんに報告しようと思い、夕飯の買い物を済ませて帰宅しました。
 そこには、年末に突然来た親戚のうちの一人が、また突然来ていました。
 何でも、近くで仕事があったようでお義母さんに連絡したら、来いと言われたらしく。
 しかし呼んだ本人はどうしたのかと聞いたら、友達と食事してくるから遅くならないと帰ってこないとかで。

 そっこーでお義母さんに電話してみると、「唐揚げ買って帰るから〜」と言っていました。
 でも、もう夕飯の時間はとっくに過ぎていて、めっちゃ食べる人だからご飯も足りないし、間に合わない。
 急いでもう一度買い物に行きました。

 相方はんと大事な話をしたかったのを潰された上に、残業後に余計な買い物までさせられて。
 私はほんっとに疲れてしまい、食事を出してから倒れてしまいました。
 しばらくしてから、帰ってきたお義母さんに「食事しないの」と呼ばれて居間に行くと、片付けられていて。
 さすがに腹が立ったので、疲れた体を引きずってひとりで食事をしに行きました。

 もちろん、後からお義母さんにはたいへん怒られました。
 誰がお客さんとして来ようと、嫌な顔をせず迎えなければならないと。
 ええ、お客さんなら私もちゃんと接しますよ。
 お 客 さ ん な ら ね 。

 ちなみにこの“お客さん”、週末にもうちに寄って泊まろうとしたみたいで。
 子どもたちが全力で止めてくれました。
 私が暮れからずっとこんな調子なのを見て、子どもたちも思うところがあったようです。


 こんな親類付き合いをしながらフルタイム+残業で働いて家事なんて、私には無理でした。
 今すぐ死んだところで惜しい命ではないけれど、そういう生き方は納得出来ない。
 この世の全てに納得なんて出来るわけないのはわかってます。
 でもね、少しでも納得して死にたい。
 こんなぐっだぐだな私にも譲れないモノだってあるんです、ってことで。


 ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム