湯たんぽの威力

 ここ数日、相方はんが風邪気味で寒気がするというので、寝ている間に私の湯たんぽを貸してあげていました。

 湯たんぽは、実家の母から2年ぐらい前にもらったものです。
 沸かしたてのお湯を入れて布団にそっとしまっておくと寝る頃にはほかほかと温かく、足元にやってみたり、胸のあたりで温まってみたり。起きてからは程よい生ぬるさで、顔を洗うのにちょうどいいです。

 あったかくて気持ちいいなーぐらいにしか思っていなかったのですが、いざ自分の布団からなくなったとなると、意外と寒いんです。私が思っていた以上に、湯たんぽは暖房器具として優秀だということがわかりました。

 たぶん相方はんは具合がよくなったら湯たんぽはいらないと言うと思うんですけど、もしこれからも使い続けたいと言ったら、相方はん用のを買おうと思います。


 本日もお越しくださいまして、拍手や一言送信もありがとうございます。これからだんだん暖かくなってくるんでしょうかね(すでに鼻ずるずる)


コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム