江戸城通り抜けを諦めたけど&拍手お返事

 先週の金曜日から今週の火曜日まで、江戸城の一部が開放されて通り抜けが出来るとのことで、行くのを楽しみにしていました。

 先日、たまたま府内に用事があったのでついでに江戸城へ行っちゃおうと思いました。
 ところが東京駅で電車を降りて改札口に向かおうとしたら、構内アナウンスが聞こえてきました。

 「本日の〜参観は〜、2時45分までの〜予定でしたが〜、混雑のため〜、1時30分で〜、締め切らせていただきました〜。これからの〜、参観は〜、出来ませんので〜、ご注意ください〜」

 3時までの入門が2時45分になって、さらに1時30分になってしまうとは…恐ろしい;
 後からニュースで確認したら、この日は一般開放の初日で、開門の時点で4500人、一日の合計が5万4千人になったそうです。ちなみに二日目は9万人、三日目の今日は8万人が訪れたとか。

 うーん(苦笑)

 考えた挙句、今回は行くのをやめました。
 今回通り抜けられる道の一部は、別途申し込みをすれば見られる「一般参観」でも通れるみたいなので。
 人混み苦手ですし(そもそもコイツは引きこもり・ぼっち属性)、花粉の反応もひどいですからね。
 それに、もしどうしても行きたかったら、秋の紅葉の時期にも同じ道が公開されるそうですので、その時に改めて出直したいと思っています。

 それまでに江戸城周辺の史跡を調べておいて、一緒に回れるようにしておこうかなと(にこにこ)


 本日もお越しくださいまして、拍手や一言送信もありがとうございます。お返事は続きへ。

〜拍手お返事〜
>うみのすけさん

 こんばんは、ぼちぼちな更新へお言葉をありがとうございます。

 平助の隊、みんな仲良しなイメージで書かせていただきました。久しぶりのお酒に翌日の巡察も忘れて呑んだくれる…そんな日もあったかもしれませんという妄想(笑) もちろんお仕事はきっちりしてますよv 平助の御落胤説、今のところ証拠らしきものは見つかっていないですからね、ほんの少し、もしかしたらというぐらいで留めさせていただきました。もっと平助のことを詳しく調べている方はいらっしゃらないのでしょうか。もしいたらいろいろ聞いてみたいですね。

 山南さんのお話、実は最初、道場の板の湿気から天気を当てるというネタにしようと思っていました。でも、それは山南さんでなくてもいいかなと思い直し、今回のネタになりました。原作で、総司がセイちゃんに下げ緒を渡すお話があったのを覚えていらっしゃいますでしょうか? あの時、山南さんの部屋に書物がいっぱいあって、それを思い出したんです。ちょうど入手した本にもお天気の見方があったので、使わせていただきました。もっとたくさんの見方が本には書いてあり、今以上に天気・天候を察知することに敏感だったんだなあと感じました。

 ブログ記事、イバハチの本にワーイありがとうございます。
 ほんとにイバハチはいいですよねえ〜〜〜。私も大好きです。くだんの本は、途中でイバハチ個人よりも奥詰銃隊や遊撃隊の足取りを追っていく感じにもなるのですが、イバハチもそこにいたと思われるので、いろいろと想像できます。征西日記もいずれ読まないとなーと。

 次はまた拍手を消化するか、連載の続きになるか決めていないのですが、よろしくお願いします。


 押してくださった皆様、ありがとうございました。

コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム