a snake in our bosom

浅草に行った翌日、出社したら、仕事がてんこ盛りになってまして。
しかもお客様に頼まれて依頼しておいた変更がかかってなくて、
「コヤマさん、この人に電話して変更してませんのでこのままいきますって謝っておいて」
と言われました。

私は申請の書類をきちんと出しておいたのにもかかわらず、チェックする人が見逃し、その後に変更を担当する人も見逃しているってことで。

上司を説得してデータ変更を強行してもらい、お客様の希望通りになるようにしてもらいました。

オカシイだろ、いろいろ。
そもそも見逃している人たちが何も言われてなくて、正式な手順を踏んでる私が吊るされるってどういうことだ。
きちんとした処理が通らないなんて、そんなのあるか。
私が悪いのならいかなる処罰でも受けよう。
だが、今回は納得いかないぞ。

どんなに仕事が辛かろうと、仲間内でよくしていこうとする姿勢があるなら耐えられるけれど。
何でも下っ端に押し付けて体面を保とうとしようだなんて、許すことは出来ない。
これまでにもあれこれあったけど、今回という今回は仕事に対して、気持ちが揺らいだ出来事でありました。


 本日もお越しくださいまして、拍手もありがとうございます。あ〜ああ〜あやんなっちゃうな〜(苦笑)

コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム