ガラケー&りんご&公衆無線LANのタッグ&拍手お返事

※先日アップした第十七章の11話目、お名前変換がかかっておりませんでした。大変失礼しました。現在は変換できるようになっております。ご指摘下さった方、ありがとうございました。

☆☆☆

 最近、各携帯業者さんが通話し放題のプランを発表し、話題になりましたね。
 これで通話料を含めた携帯ツールの料金が大幅に下がると、一部では恩恵があるようです。

 私は、携帯モノに関しては、あいかわらず吝い生活を続けております。
 まずガラケーは、前にも書いたと思いますが、メールを使い放題のプランに入っています。ガラケーで電話をしない&外でネットをほとんど見ないので、料金は毎月1200円程度です。

 このメールを使い放題のプランというのが、私の使い方と実に相性がいい。
 パソコンに入ってくるメールをガラケーへ転送する設定にしてあるので、外出時もすべてのメールがチェック出来ます。さらに、お出かけと言えばツイッターでの呟き報告ですが、メールで呟ける&全情報を取り寄せられるクライアントを使っているので、大変便利です。それが全部タダ。

 それでもネット社会では、たまにウェブの情報を使いたい時があります。そんな時のために、りんご類を公衆無線LANに繋げるようにしました。wi2というサービスで、マクドナルドやスタバ、駅のホームの端っこなどでネットが繋げます。速度は割といい感じで、金額は400円程度です。ちょっと見たいだけなら充分です。

 この公衆無線LANでもっとも私が重宝しているのは、文章の保存です。
 特にiPod touchでのことなんですが、移動中に「Textforce」というDropbox連携のアプリで文章を打つことが多いです。打った文章が、無線LANに繋がるとDropbox内へと自動保存されるモードにしているので、いつでもどこからでもどの機体からでも、文章の続きがそのまま打てるのです。外出中にiPod touchで打った文章を、帰宅してからパソコンで打ち続けるとかですね。いちいちデータをメール送信したり吸い出したりせずに続きが打てるというこのシームレス感は便利すぎる。

 そもそもスマフォのパケット定額サービスを契約をしていれば、こんなことをせんでもいいのかもしれません。しかしながら、普段は家とチャリで10分で着く職場の往復しかしていない&基本引き籠もりな私といたしましては、サービス的にも、全部で1600円ぐらいという料金的にも、この程度でちょうどいいのでございます。


 本日もお越しくださいまして、拍手や一言送信もありがとうございます。お返事不要の方、届いております。お返事お待たせいたしました、続きへ格納いたします。



〜拍手お返事〜
>うみのすけさん
 おはようございます、いつもありがとうございます。変換をかけそびれるというミスは犯しましたが、久しぶりに早めに書けました。

 新作をお読み下さり、ありがとうございました。
 列藩同盟の恭順に関しては、今回の作品ではやや悲劇的に描かせて頂きました。が、別の、もっとドライな見方もあったかなと思わないでもないので、いつかどこかで書けたらいいなと思います。

 はい、とうとう巨頭が揃いました。大鳥さんのキャラ設定はとても気に入っています。曲げずにクソマジメ一直線、好きです(笑) 釜さんに関しても、江戸っ子のからっとした部分を出していけたらと思っています。副長の態度も、何故なのかはすでに一度書いているのですが、蝦夷へ行く前に改めて強調しておきたいです。

 モレスキン記事にもお言葉をありがとうございます。
 うみさんが使っていらっしゃるのを読んで、ずっと気にしていました。ふと売り場で見かけたら、たまたま写真のような緑色の表紙のがあったので、「ああ、出会っちゃったな」と思って買いました。緑大好き。紙の色がやや黄みがかっていて、目にやさしいですね。様々なことをメモっておりますので、作品や生活に活かしていきたいと思います。

 また来週もそれなりに更新できるよう頑張ります。またお時間のある際にお越しいただければ幸いです。


>あゆかさん
 こんばんは、いつもありがとうございます。
 お名前変換の件、お伝え下さりありがとうございました。スクリプト変換をしておりませんでした。せっかくお越しくださったのに、がっかりなさったことでしょう。ごめんなさい。

 大鳥さんの出現に釜さんの視線と、不安要素はいろいろとありますが、ヒロインと副長は今後も強く歩き続けます。どうぞ今後も見守ってくださいますよう、お願い致します。

 天候の変化が激しい季節となりましたね。あゆかさんもお体に気を付けてお過ごしくださいませ。



 押してくださった皆様、ありがとうございました。




 

コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム