下書きの下書きと下書きの一部&拍手お返事

先日、こちらに上げた絵の下書きとかをネタにします。

IMG_0008_20140809213420283.jpg
↑ 下書きの下書き段階です。使っているのはモレスキンノート。
まず左側のページに、一番最初に考えた絵が描かれています。
だいたいそれにパーツを足したり引いたりして下書きに行くんですが、
今回は迷いながら右ページの左上・右上・左下と、計4枚描きました。
そして一番最後に描いた、左下のものを採用しました。

IMG_0009_20140809213421d56.jpg
本番用の紙は、ファブリアーノという会社のA5サイズのスケッチブック。
少し黄みがかっていて、インクの吸い込みがいい紙です。
背景に、セイちゃんの家紋「剣桜」を配置。
コンパスと分度器を使って手書きしてみました。
きちんと道具を使って描いたのは初めてだったので、けっこう難しかったです。

後は人物を描いて、コピックと色鉛筆で着彩。
主線は鉛筆のままでした。
スキャナにかけると色味が変わりすぎてしまうので、カメラで撮影したものを加工してアップ。
今後は描いたものをどうウェブ上で再現していくかが課題です。


 本日もお越しくださいまして、拍手や一言送信もありがとうございます。お返事は続きへ。




〜拍手お返事〜
>うみのすけさん

 こんばんは、ご帰省直前のお忙しい中、お立ち寄り下さりありがとうございますv
 タロットカードの意味と、新撰組内でのポジションから、今回はセイちゃんを描かせていただきました。
 帯の部分は、もうちょっとちゃんと読み込めるように濃い目にするか、それこそデジタルで補ってもよかったかもしれません。縁取りの件、ご意見ありがとうございます。今度試してみますね。また気づいたことがあったら教えて下さい、助かります(^^) 生絵、お時間が合えばいつでもお持ちします(そわそわ)
 次回「女帝」、誰が出てくるかはお楽しみにv

 ブログ記事もお読み下さりありがとうございます。
 五稜郭でボート、いいですよねえ…しかも手漕ぎですよ?(ウフフフフ) 次に行く時には必ず乗りますっ。函館は見どころいっぱい、美味しいものもいっぱいなので、うみさんのおっしゃるとおり、何度行っても楽しめますね。次は松前城下も合わせてゆっくり見て回りたいなあ。

 テレビ番組レポート、くいついている番組とそうでないものが丸わかりですよね(笑)
 横須賀、基地の上はさすがに遠慮したようです。こちらから行くにはそこそこ遠いですが、三笠は見てみたいです。スカジャン、そんなにすごいんですか; でも手作業だったらその値段もありかもです。行ったら見てみますね。

 こちらへのご訪問は、お盆のあれこれが落ち着いてからで結構です。いつでもお待ちしています\(^o^)/


 押してくださった皆様、ありがとうございました。

コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム