秋の大断捨離大会〜家族のお弁当箱に対する決断&拍手お返事

 時期的にはちょっと前なんですが、お弁当箱の数を少なくしました。
 お弁当箱の絶対数が少なくてもよくなったというのもあるのですが、一番大きな理由は別にあります。

 鳩子2号が、どうしてもお弁当箱を毎日洗いに出さないんですよねえ…( ¨) 忘れるらしいんですけど。
 そうなると、朝お弁当を詰める時に、別のお弁当箱を使わなきゃあいけないわけです。
 で、次の日も出すのを忘れると、今度は予備のお弁当箱を使うわけです。だいたいこの辺で夜中にこっそりシンクに空の箱が置いてあるか、私が「さっさと出して自分で洗いなさい」ってブチ切れるんですが(苦笑)

 こういったことが年単位で続くと、こっちが疲弊してきます。
 でも、何度言っても洗いに出さないし、出させないわけにもいかないし、と思って考えついたのが。

 使い捨てのお弁当箱にする(お箸・飲み物含む)、でした。

 エコじゃないのは承知です。毎日お弁当なのに使い捨てとかもったいなーい。
 でも、それ以上に毎日こんなことで苛つくのってどうなのよ、と。

 百均で、一番たくさん入っているお弁当の容器、割り箸(袋入り)、包むためのペーパーナプキンを購入。
 お弁当の容器のフタを止めるためのマスキングテープも、テープカッター付きで用意。
 飲み物も近所の格安スーパーで飲み比べをして、美味しいのを4種類と、夏の間はスポーツドリンクを追加しました。

 こう書いてみると相当もったいない気がしますが、1ヶ月で20日間お弁当を用意すると仮定して、容器・割り箸・ペーパーナプキンの合計金額を計算してみると、お弁当箱とマイ箸と包む布を3000円で購入して1年間使うのと、大差なかったりするんです。

 おかげで予備を含めてお弁当箱をいくつか処分出来たし、毎日の苛つきからは解放され、ふらっと入った百均で割り箸やペーパーナプキンの柄を選ぶのも楽しいです。

 断捨離とはちょっと異なるかもしれませんが、解放されたり便利になったりという着地点は一緒なので、これも入るかなーと思って書いてみました。


 本日もお越しくださいまして、拍手や一言送信もありがとうございます。お返事は続きへ。




〜拍手お返事〜
>うみのすけさん

 こんにちは、いつもありがとうございます。

 榎本さんはヒロインをぶんぶん振り回しつつも、彼なりに公私のバランスを取ってくれるという設定です。その扱いについては楽観的ではありませんが、将であるがゆえということで。ヒロインもしばらくは副長と仲良く進むといいなあと思います。

 大鳥さんも、やっとヒロインとすこーしだけ打ち解けてくれそうです。考え方の違いであんまり仲良くしていませんけど、これからは反発しつつも国づくりという目標のために協力して欲しいです。展開は、時々キャラが暴走することがあるので、私も見守っていきます。

 船酔いはしただろうな〜〜〜と、年表を作ってみて思いました。かなり揺れたみたいですからね、弱い人はイチコロだったでしょう(私ももし乗っていたら駄目なほうです^^;) 雪も本州の平地とは比べ物にならないでしょうし、厳しかったと思います。個人的趣味で少し細かめに書こうと思いますので、よろしければ次回もお付き合い下さいv

 ブログ記事もお読み下さりありがとうございました。
 まりも、お掃除や水の入れ替えは手が掛かりそうです。餌はですね、餌は通称で、実際は水の活性剤らしいです。ご指摘の通り、基本的には光合成で生きているので、固形のものを与えるということはないみたいですね。動きはありませんが、なぜか見ているだけでも結構かわいいです。また折を見てツイッターに写真をアップしますね。

 妄想京都旅行、かなり真剣に考えてしまいました。が、おそらく今からだと希望の宿泊地は取れないでしょう。この時期は紅葉前ですが、動きやすい季節ですので、仰る通り混んでますよね〜〜。でも、京都はほんとにいいところなので、どの時期に行っても、何泊でも楽しめるのでいいですよね(^^) うみさんの京都旅行、もし行かれましたらぜひぜひにレポートをお願いします。ってゆーか、むしろご一緒させていただきたいわ〜。

 今週もあちこちにお言葉をありがとうございました。明日お伺いしますね〜(^^)/~~~


 押してくださった皆様、ありがとうございました。

コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム