〜2014年秋・京都の幕末探訪deep 10/3 その2〜

 京都レポの続きです。今回は三井寺前編をお送りいたします。
 京都と言いつつなかなか入京出来ないのですが、素晴らしいお寺さんに行けましたのでレポします。
 よろしかったらご覧くださいm(__)m


 本日もお越しくださいまして、拍手もありがとうございます。では続きにレポートです。

〜2014年秋・京都の幕末探訪deep 10/3 その2〜

◆三井寺 前編◆
kyouto2014-10-1-05.jpg
大津付近の地図を眺めていたら、偶然「三井寺」の文字が目に入り、ルートに入れてもらいました。

 三井寺は元々「園城寺」という名前で、三井寺は俗称だそうです。
 歴史は大変古く、天智天皇・弘文天皇・天武天皇の勅願で、弘文天皇の皇子が建立したとのことなので、7世紀頃のことです。飛鳥時代の後期ということになります。
 弘文天皇の皇子がこのお寺を創建する際に田園城邑(田畑屋敷のことらしい?)を投じたので、「園城」という名前を賜ったのだとか。

 現存している建物は再建されたものや後世に寄進されたものではありますが、それでも数百年は経っています。この門も宝徳四(1452)年に別のお寺に建てられ→伏見城へ移築され→徳川家康の寄進によって慶長六(1601)年に当地へ移築されたものだそうです。


kyouto2014-10-1-65.jpg
で、「三井寺」と呼ばれたのは何故かというと。
 この建物、「閼伽井屋(あかいや)」という建物で、中に泉がぽっこぽこ大きな音がするほど湧き出てございます。
 この泉は、天智天皇・天武天皇・持統天皇の産湯として用いられたそうで、「御井(みい)の寺」と呼ばれていたのを、開祖の智証大師円珍和尚がお寺の儀式に法水として使ったことが、三井寺の名前の由来となったそうです。

 ちなみにこの建物は慶長五(1600)年の建立で、上に見える龍の彫刻は左甚五郎作だとか。
 龍は夜な夜な琵琶湖に飛び出て暴れたので、左甚五郎が自ら龍の目玉に釘を打ち、おとなしくさせたという伝説が残っています。


kyouto2014-10-1-06.jpg
金堂(三井寺の総本堂)です。
 慶長四(1599)年、豊臣秀吉の妻・北政所(ねね)によって再建された建物です。
 ここで御朱印をいただいている間に中を見学させていただきましたが、回廊式になっていて、素晴らしい仏像がたくさん並んでいました。

 写真の右やや下、四角く囲われている灯籠をご覧ください。
 こちらは堂前灯籠と申しまして、天智天皇が大化の改新で蘇我氏を葬った罪障消滅のために自らの薬指を切り、台座の下に埋めたとのことです。指…詰めっ…ヒィィ((((;゚Д゚))))


kyouto2014-10-1-09.jpg
歩いていたら看板がありまして、ここで「るろうに剣心」の撮影をしたと。
 鵜堂刃衛が襲い掛かってくるシーンが該当するそうです。あの、橋から飛び降りてくるシーンですよね。
 お寺さんに撮影案内があるのを初めて見ました。しかも自分が見た映画なので嬉しかったというか、身近に感じられました。


kyouto2014-10-1-10.jpg
灌頂堂です。橋を抜けた先にあります。
 お寺の密教を伝える道場とのこと。開祖の智証大師円珍和尚の廟所である唐院の一部です。写真では小さくてわかりづらいのですが、お堂の扉に菱型のデザインがあります。ここだけ菱型で映えてました。


kyouto2014-10-1-11.jpg
唐院の前の門(上の写真の左端にひさしがちょっとだけ写っている)の前からパチリ。
 これだけの数の灯籠、どなたが寄進されたのでしょう。チェックしてくるのを忘れてしまいました(しょぼん)


kyouto2014-10-1-12.jpg
まるでお城のような石垣。


kyouto2014-10-1-13.jpg
村雲橋です。
 智証大師円珍和尚がこの橋を渡っている最中に、唐に留学していた時にお世話になっていた中国のお寺が火災にあっているのを感知しました。真言を唱えて閼伽井屋の水を巻くと、橋の下から雲が湧き出て唐の方向へ飛んでいき、その後、留学していたお寺からお礼の文が届いたとか。

 三井寺にはこうした伝説めいたお話がいくつも残っています。何かそのきっかけとなる事象があったのだと思います。今となっては確かめようもないし、不思議な内容ですが、伝承は大事にしなきゃあいけないですよね。


kyouto2014-10-1-66.jpg
自分メモ。今回出て来た方々がどういう関係があり、三井寺とどういうつながりがあるのかごっちゃになったので。
詳しくない上に、某ペディア先生調べなので間違ってたらすみません。

 今回はここまでです。お付き合い下さりありがとうございました。
 次回は三井寺に残る西南戦争の史跡をご紹介します。ここも漏れ無く“お寺さん”だってことを思い知る場所にありましたよ〜( ̄ー ̄)ニヤリ


園城寺三井寺はここです。琵琶湖湖畔の素敵な場所です。

参考
三井寺パンフレット
三井寺内看板
Wikipedia

コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム