【読本天国】「図説 江戸城 その歴史としくみ」

図説江戸城―その歴史としくみ (歴史群像シリーズ)図説江戸城―その歴史としくみ (歴史群像シリーズ)
(2008/03)
平井聖、鈴木悦子 他

商品詳細を見る

今日から皇居≒江戸城の、秋の通り抜けが始まりましたね。
春とは異なる美しさが見られるといいですね。

本の中身は七章で構成されており、
第一章:「城の仕組み」では江戸城の概要を。
第二章:「城と城下のしくみ」ではお城の歴史を。
第三章:「御殿のしくみ〜表〜」では本丸御殿や白書院、能舞台や松の廊下などの建築を。
第四章:「御殿のしくみ〜中奥〜」では将軍の一日を。
第五章:「御殿のしくみ〜大奥〜」では将軍の奥様である御台所をはじめとした女性たちのくらしを。
第六章:「御殿のしくみ〜西ノ丸・二の丸・吹上〜」では将軍の別邸や世継ぎのくらし、紅葉山やお庭の風景を。
第七章:「江戸城を歩く」では現在も残る江戸城の遺構を。
それぞれ、図説シリーズならではの、図や表たっぷりで楽しめました。
特に今はもう失われている、歴代将軍を祀った紅葉山の再現図は見られてよかったです。

明治になってから江戸城の建築物は悉く破却されてしまいましたが、縄張り自体はまだまだ残っています。
ここにはコレがあった、そこにはアレがあったと確かめながら歩くのも可能です。
こういった参考書を片手に江戸城を歩けるなんて、いい時代になりましたよね(ヲタク)


 本日もお越しくださいまして、拍手や一言送信もありがとうございます。ニットをまとめて洗濯したのですが、全然乾かない…明日寒いのにどーすんの俺、どーすんのよ?


コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム