【読本天国】『伊予小松藩会所日記』

伊予小松藩会所日記 (集英社新書)伊予小松藩会所日記 (集英社新書)
(2001/07)
増川 宏一

商品詳細を見る


 伊予小松藩は、現在の愛媛県西条市付近にあった藩で、一万石という小藩でした。
 城も無く、藩庁は陣屋で、正式な武士はたったの数十人。藩全体の人数も一万人程度でした。
 この小藩は江戸時代末期まで続き、百五十年という長きに渡って「会所日記」が書き継がれていました。
 その会所日記を解読し、主な出来事を紹介したのがこの本です。

 最初は会所日記なんて公式文書だから、堅苦しい感じかなと思っていましたが、違いました。
 この会所日記に描かれている江戸時代の暮らしは、今とさほど変わらない困難やそれに対応する工夫、努力の姿勢や喜怒哀楽に満ちていました。それを「リストラや不景気に苦吟する現代の中小企業の悲哀」にも似ていると形容したところが、実にうまい。現代の私たちを江戸時代へぐっと引き寄せます。

 会所日記には、藩内で起きた様々な問題や出来事が記録されていました。
 参勤交代や自然災害に寄る財政破綻、武士や藩主奥方の内職、駆け落ち、賭博、刃傷沙汰などが身分の上下を問わず、微に入り細に入り描かれています。個人的には目明しが活躍するところが、地味ながらもリアリティがあって面白かったですね。

 幕府や江戸、京坂といった大都市に残っている大きな流れの古文書ではなく、小藩の細やかな日常を綴った会所日記。『武士の家計簿』と並んでもおかしくない、立派な内容だと思いました。


 本日もお越しくださいまして、拍手や一言送信もありがとうございます。お返事不要の方、お申し出いただいた通り、後々にまとめてお返事させていただきますね。


 

コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム