【読本天国】江戸の性語辞典


江戸の性語辞典 (朝日新書)江戸の性語辞典 (朝日新書)
(2014/10/10)
永井義男

商品詳細を見る


 見た瞬間、手にとって購入してしまいました。
 辞典ッ! 買わずにはいられない!(笑)

 江戸時代の言葉は、現代に残っているものも多いです。しかし、使い方が今と異なっていたり、言葉は残っていても、意味をよく把握していないことがあります。特に工口関係の言葉はなかなか確かめづらいものです。

 この本では、春/画/本や春/画の書き入れ(絵の周りに書かれている文字)から単語を抽出し、言葉の解説と実際の使用例を載せています。

 解説も参考になったのですが、実際の使用例がよかったです。当時の出版物から文章を引用しているので、当時の言葉の使い方を知ることが出来ます。江戸時代の雰囲気を感じることが出来て、大変勉強になりました。

 中は5つの章に分かれており、特に「性/風/俗」の項目は時代小説を読んでいても頻出する単語が多いので、今一度単語の意味を把握しておくのに便利だと思います。


 本日もお越しくださいまして、拍手や一言送信もありがとうございます。仕事が二日ほど谷間になったのですが、書類の見直しと突き合わせを行わなくてはならなくなってしまいました。2千件ほど…( ¨)

コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム