〜2014年秋・京都の幕末探訪deep 10/4 その4〜

 久々に続きを書かせていただきます。
 気づいたら2ヶ月ぐらい放置していたという(^^;
 お待ちいただいていた方がいらっしゃいましたらすみません。


 本日もお越しくださいまして、拍手もありがとうございます。では続きにレポートです。


〜2014年秋・京都の幕末探訪deep 10/4 その4〜

◆戊/辰/役/東/軍/殉/難/者/慰/霊/祭◆

kyouto2014-10-2-28.jpg
淀の妙教寺さんで、戊/辰/役/東/軍/殉/難/者/慰/霊/祭が行われました。
淀と言えば、鳥羽伏見の戦いで戦場になっていますね。

kyouto2014-10-2-30.jpg
こちらのお寺さんの本堂にも砲弾が飛び込み、その跡がこうして残っています。
慰霊祭では本堂で読経があり、砲弾が飛び込んだ跡を内側から見せていただきました。
写真を撮ってもよかったようですが、一応ご本尊の前なので、私は遠慮して、心のシャッターを切らせていただきました。

kyouto2014-10-2-29.jpg
お焼香の後は、ご住職による記念講演がありました。
「古絵図でたどる鳥羽伏見淀の激戦」というタイトルで、豊富な資料と大きな古絵図を惜しげも無く披露しての、素晴らしい講演会でした。
また、紙芝居による「淀の歴史」の紹介も、淀について詳しく知らない私にとっては、とても勉強になりました。
ちなみにこの供養塔の文字は、榎本武揚さんが書かれたものだそうです。

kyouto2014-10-2-31.jpg
最後に、境内で天然理心流の奉納演武がありました。
近藤局長および井上源三郎さんのご兄弟のご子孫による演武で、150年前にこの付近で戦った方々の家系のご子孫がここにおられることに、なんとも言えぬ感情が湧き上がりました。

kyouto2014-10-2-32.jpg
慰霊祭後、お寺さんの近くにある「史跡戊辰役東軍西軍激戦之址」へ。
一昨年にも訪問していますが、整備されてきれいになっていました。

kyouto2014-10-2-33.jpg
京都へ戻る途中の夕焼け。
あの頃もこんなに赤い空だったのかなあと、窓越しに思いを馳せました。

kyouto2014-10-2-34.jpg
京都へ戻ってから車を宿へ置いて、四条通でお食事。
帰りはぶらぶらと、高瀬川沿いを歩きました。
夜の京都も、暗がりと灯りに彩られて、いいものです。


 今回はここまでです。
 次回は三日目の様子をお届けいたします。
 ここまでお読み下さり、ありがとうございました。

コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム