週末時代劇感想 11月第2週 

 相方はんの親戚がハーレーダヴィッドソンの雑誌に載ったので、お義母さんがその本を買ってきました。相方はんとお義兄さんに見せようと差し出したところ、

 「奈鳩ちゃんがとうとうハーレー買うのかと思った」

 と言われました。
 買うお金と乗り回してメンテする時間があればね(笑)。
 その前に大型二輪の免許を取らねばなりませんが。中型までしか持ってないッス。


 さて週末時代劇感想いきます。
 オトコマエ!2はお休みでした。残念。ネタ:この前、職場の人に「逸馬君を見るとコヤマさんを思い出すわ~似てるんだもの、雰囲気が」って言われました。うーん、どれかっつーと仙人だと思います。


~大河兼/続 第四十五回『大坂の陣へ』~
 将軍職が2代目の秀忠に譲られ、諸大名が祝いに駆けつける中、豊臣家だけは江戸城に参上いたしません。直江家ではお婿さんの再婚話を進めますが、お婿さんは直江夫妻に感謝を示し、本田家に戻ってしまいました。徳川家では豊臣家が作った方広寺の鐘に「国家安康」=家康の名を分ける文字があり、さらに「君臣豊楽」=豊臣の世を長く楽しむ意を含んだ文字があるとの難癖を付け、とうとう豊臣を追い落としにかかりました。

 このままでは豊臣が滅びてしまうと訴える高台院さま(ねね)がせつなかったです。ここで淀君が考え変えていたら…とも思いましたが、どのみち家康は豊臣家を滅ぼすつもりだったでしょう。
 後はちょっと今回突っ込みたい。仙桃院様、その秘密は墓まで持って行くべきだと思いました。少なくとも殿にそれを言うのは…まあ殿ももうオトナだから飲み込めるとは思いますけど。家康の描かれ方も振り幅が大きすぎて謎です。秀忠くんについては何も知らないのですが、君主としての器はどうだったんでしょう。


~仁-JIN- 第5回~
 吉原では梅毒(痩毒)が流行っており、野風が自分の先輩である遊女・夕霧を仁先生に診てもらいます。が、すでに夕霧は手遅れの状態まで進んでおり、仁先生はペニシリンの生成に全力を尽くします。西洋医学所の緒方派によりペニシリンを作ることに成功するも、夕霧の症状を緩和することしかできず、夕霧は亡くなってしまいます。肩を落とす仁先生ですが、力を尽くしてくれた仁先生に野風は惹かれてゆき、咲も嫉妬しながら思いを募らせていきます。
 仁先生が江戸時代でも工夫してペニシリンを作り出そうとする過程に感心いたしました。あの頃の蘭医たちはきっとあんな感じの情熱を持って西洋医学を研究していたんだろうなあとmowsowしていました。ペニシリンの薬効が確認された時の皆の喜びようといったら、こちらまで「やったー!」と拳を突き上げたくなりましたね~。
 今回は現代の未来さんが出て来ました。「出来ないって言葉、嫌いなんです」いい台詞やなあ…。野風さんとの繋がりが気になります。


 本日もお越しくださいまして、拍手もたくさんありがとうございます。お返事は続きへ。



~拍手お返事~
7日
>ルミコさん

 こんばんは、いつもありがとうございます。お返事が遅くなって失礼しました。通知メールがたくさん来ていて、確認するのが遅れてしまいました。
 皆様のお言葉に甘えて、更新は当日ながら遅れ気味とさせていただきました。おかげさまでなんとか更新でき、体調も良くなって参りました。今週も頑張って更新します。よろしくお願いします。

8日
>うみのすけさん

 こんばんは、いつもありがとうございます。
 三日間に渡り感想をありがとうございました。やっとお返事できますv
 新選組女子部(って何)の二人はそれぞれ似合うような感じにしたつもりです。“いのめ”は漢字変換に掛けて検索するとすぐに出てくるネタでしたが、刀を目の前で見てきたばかりだったので使いたくなってやってしまいました。
 お目付役たちはお転婆(?)二人組に振り回されました。墨染の彼女の方は、外をうろついている買い物客よりも身近な狼さんの方が危ないかもしれません(爆)。早く逃げてー(笑)。
 連係プレーで本尊も発見できましたし、一件落着と相成りました。寄り添いあう二人にもうちょっと艶っぽい展開が訪れるかと思いましたが、今の二人にはこのぐらいが妥当でしょう。女子部の二人が元の姿に戻る時はまだまだ遠そうですが、それぞれに幸せな結末が訪れるといいなと私も思います。
 これからうみさんのところへもお邪魔しまーす! 楽しみ楽しみ。


 押してくださった皆様、ありがとうございます。次回更新で拾萬打リクエスト作品は最後です。このまま突っ走っていきます。ピュン。



 
 

テーマ : 時代劇  ジャンル : テレビ・ラジオ

コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム