仕事で薄い本?&拍手お返事

 毎日HAKENの素晴らしい逸脱行為に、小姑のように注意を与えているコヤマですおはこんばんちは。

 何が逸脱しているって、とにかく用語を覚えないんです。
 コールセンターの仕事なので、聞かれたら電話越しに正式名称を言わなくちゃいけないのに、適当なことばかりを…。
 教えているし、マニュアルにも書いてあるんですけどねえ…。
 その都度「すみません、それ◯◯って言うのでお願いします」と矯正しないといけないので、ほとほと困り果てています。

 先日は、こんなことがありました。
 お客様にお渡しする書類の中に、薄めの小冊子があるのですが、それをHAKENが電話で相手に説明している時に、

 「あの薄い本、ありますよね?」

 とお伝えしていました。

 …薄い本。
 うすいほん。
 う す い ほ ん 。

 いやもうね、仕事中なのはわかってるんですが、用語が正しい云々ではなくこればっかりはヲタクとして、心の中でびくっとしてしまいました(笑) 薄い本を配るのが仕事なら天国なんですがねえ。

 私はいったいどうしたらいいんでしょうか。


 本日もお越しくださいまして、拍手や一言送信もありがとうございます。お返事は続きへ。



〜拍手お返事〜
>うみのすけさん

 おはようございます、いつもありがとうございます。

 拍手文・七宝物由来に最後までお付き合い下さりありがとうございました。どうにか終わりました(^^)
 木製の龍頭、もし本当なら不思議ですよね。でもこれには、ちょっと違うのですが我が家にも面白いものがありまして、石と木が一体化したもの(亡義父・談)があるのです。なので、それをイメージしながら書きました。

 西村さん、あんまり新選組作品には出てきませんが、記録を残しているので出してみるのも面白いかもしれません。
 今回は西村さんのお兄さん(西村さん自身は二男だったらしいので)にご出演いただきました。丁々発止のやりとり、お楽しみいただけましたでしょうかv

 拍手分はこれにて完結いたしましたが、拍手絵がまだ残りまくっているので頑張ります。
 絵は文より時間がかかるので、早めにとりかかりたいです。

 ブログ記事にもお言葉をありがとうございます。
 中先生のご本、偶然読んだのですが、絵描きとしても人生そのものとしても、大変興味深いものでした。
 女性も素敵ですよね。でも、うみさんがおっしゃるように、殺陣のシーンもかっこいいと思います。複数人が一定の大きさの場面に収まっているのに、すべての人物が見えやすい配置は神業ですね。素晴らしいことこの上ないです。

 今週は拍手入れ替えのみになってしまいました。来週も、ひとつは更新できると…いいな…( ¨)


 押してくださった皆様、ありがとうございました。


コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム