映画『GODZILLA』&拍手お返事

 録画しておいたアメリカ版映画『GODZILLA』を見ました。個人的には普通に楽しめました。
 日本でのゴジラとは少し設定も違うし、画面全体がスタイリッシュで、いい意味でハリウッド的でした。
 敵役ムートー夫妻のデザインは、モンハンに出てくるシェンガオレンみたいに細身で足長で、ゴジラと取っ組み合う場面では「対比的でおもろいなー」とじっくり見てました。

 見終わってから、昔のゴジラを見返してみたいと思いました。
 たぶん、今の技術からすればキグルミのハコニワなんだろうけれど、何を表現したかったのかは受け手が感じればいいことなので。たぶん楽しめると思います(それにあの頃の特撮は話もハードで面白いはず)。


 本日もお越しくださいまして、拍手や一言送信もありがとうございます。お返事は続きへ。




〜拍手お返事〜
>久美さん

 こんばんは、初めまして。久遠の空へようこそお越しくださいました。お返事お待たせいたしましたm(__)m

 夢小説にお付き合い下さったとのこと、ありがとうございます。
 身に余るお言葉をたくさん頂戴し、面映ゆい思いとともに、原作のおちからの強さを改めて感じました。
 あくまでも二次創作の一端ですので、原作者様のキャラクター設定と時代設定に乗らせていただき、完結までこぎつけた次第でございます。

 私も書いていて、史実という壁に突き当たり、展開が重たく筆が進まないこともありました。
 しかし、始めたものは終わらせなければと思い、皆様と一緒にゴールさせていただいたという心持ちです。
 幸いなことに、今の時代は資料がある程度出揃っていますし、私のような一般人でも入手出来ますので、骨組みに困ったことはありませんでした。そこへ好き勝手に要素を詰め込んだものに最後までお付き合い下さったことは、こちらのほうからお礼を述べさせていただきたいです。ありがとうございます。

 いちおう完結はいたしましたが、現在はリクエストに沿った小話を連載中です。
 幕末版の短編をいくつかお出ししたら、まだ現代版に戻って、お話をお出ししますね。
 二次小説は古いもので恥ずかしいのですが、少しでもお楽しみいただければと思います。
 お声がけくださり誠にありがとうございました。二次とはいえ創作者としては、皆様にお越しいただけることが何よりも輝かしい宝物です。


>あゆかさん
 こんばんは、いつもありがとうございます。
 久しぶりに出てきた試衛館に拍手をありがとうございました(^^)


>うみのすけさん

 こんばんは、いつもありがとうございます。
 本当に、朝晩は寒いぐらいですよね。つい布団でぬくぬくしていしまいます(*^_^*)

 新作への感想、ありがとうございます。
 雨に検問と、足止め続きのセイちゃんです。私も「えどのさっちょうめんどくせえな」と思いながら書きました(苦笑)
 日野に着くまでの約二ヶ月を、どうやって過ごしたのか。それを考えた時、まず彼女なら試衛館に行くと思いました。旧幕府関係者が江戸をうろうろするのは時間がかかったに違いない。でもセイちゃんならやり遂げてくれる…と妄想全開で\(^o^)/ もう少し試衛館にはいてもらう予定です。

 奈良旅行、オール奈良にしてよかったです。京都との違いをがっつり感じ取って来れました。
 宿泊客、少ないのも仕方がないとは思うんですよね。旅館も多くないし、朝の拝観時間は早くないし、夜は早いし。でも、人が多くなればトラブルも増えますので、今のままでも悪く無いと思います。ちなみにここだけの話、奈良で夜、修学旅行生がはっちゃけてたので叱ってしまいました。もしこれが自分の子どもたちだと思ったらつい^^; (つーか、引率の先生が叱ってくれ)

 また次回も定期更新できるように頑張ります。よろしくお願いします。


>ももかさん
 こんばんは、変わらずお忙しいと思われる中、お越し下さりありがとうございます。
 朝ドラ、話題になっていますね。まさかの山本副長(笑) 借金の証文が残っていることを掬い上げてのストーリーになるそうですが、どんなお話に仕立ててくるのか楽しみですね。
 話の隙間を埋める小話をだらだらと書かせていただいておりますが、今後もお読みくださればと思います。
 またお時間の出来た時で結構ですので、お越しいただけますように(^^)


 押してくださった皆様、ありがとうございました。

コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム