2015年3月・京都と山南忌その6〜西本願寺・山南忌

 早朝の散策を終えて、まず訪れたのは西本願寺でした。
 3月のレポートは今回で終りとなります。


 本日もお越しくださいまして、拍手もありがとうございます。では続きにレポートです。



〜2015年3月・京都と山南忌その6〜
◆西本願寺◆

kyoto2015-3-2 - 16
早朝の単騎特攻散歩を終え、皆と合流してまず向かったのは西本願寺。
いつもこの門、街中にどーんと出てきて面白い(^^)

kyoto2015-3-2 - 17
お西さん、お久しぶりです。

kyoto2015-3-2 - 24
手前から、阿弥陀堂、御影堂。
平成の大修復も終わり、凛々しいお姿です。

kyoto2015-3-2 - 19
今回西本願寺を訪れて確認したかったのは、拍手文でネタにさせていただいた七宝物について。
現在も幾つか、特別な拝観がなくても見られるものがあります。
こちらは二話目の「御影堂向拝柱の沓石」のモデル。木材で覆われています。

kyoto2015-3-2 - 23
別の沓石はこう。石がそのまま使われておりました。

kyoto2015-3-2 - 18
七宝物は、時代によって内容が異なっています。
こちらのイチョウは、別の七宝物に入っている「水吹き銀杏」。
西本願寺が火災にあった時、水を吹いて火を消し止めたという伝承が残っているそうです。
樹齢は400年と推定され、元治元年の大火の際にもここに立っていました。
秋の紅葉の頃はきっと黄色くなって、見応えがあるのでしょう。

kyoto2015-3-2 - 20
ここからは写真集です(笑)
御影堂の廊下から阿弥陀堂を見る。

kyoto2015-3-2 - 21
御影堂の蔀戸。
隊士の方々もこうやって見上げたのではないでしょうか(妄想)

kyoto2015-3-2 - 22
御影堂と阿弥陀堂をつなぐ廊下。
廊下の木目が好きです。

kyoto2015-3-2 - 25
そしてやっぱりここに来ないと。太鼓楼。
見ることは出来ませんが、この中にも七宝物のひとつ、時の太鼓が収められている…はず。

この時は一時的に中止していたのですが、もっと奥の飛雲閣などを見られるミニツアーもあるようです。
いつか行ってみたいなあ。


◆山南忌◆
kyoto2015-3-2 - 28
光縁寺へお参りを。

kyoto2015-3-2 - 27
山南さんのお墓。
どうぞ安らかに。

kyoto2015-3-2 - 26
沖田氏縁者のお墓。
いったいどなたが眠っていらっしゃるのか。解明される日は来るのでしょうか。

この後、壬生寺の会館にて、講演会が行われました。
元新人物往来社の社長・大出俊幸さんが『新選組ブームの渦中にて』というタイトルで、これまでの新選組ブームの中で出版を重ねてきた内容をお話してくださいました。
現在流通している新人物往来社刊の新選組関係書籍は、ほとんどが大出さんを経て世に出ています。
それぞれの本が出版された経緯などを語っていらっしゃいました。


◆帰路◆
kyoto2015-3-2 - 29
講演会が終わり、離京することにしました。
こちらは大津のサービスエリア。琵琶湖を一望できるカウンターがあります。
ガラス越しで雨も降っていたので(この京都行きはほぼ雨でした)うまく撮れていませんが、京都北部の山並みや、琵琶湖湖畔の夜景などがとてもきれいなところです。お食事もおいしいし、お土産もたくさん置いてあるので、帰りに寄るのにオススメ。
余談ですが、ここで食事の休憩をして、諏訪湖のサービスエリアでスタバに寄るのが好き(笑)


これにて2015年の山南忌がらみで訪れた京都レポートは終了となります。
長々とお付き合い下さりありがとうございました。
次回の外出記は、4月に再び京都を訪れた、母と初めての親子旅をお送りいたします。



コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム