手遊びで作ったので本気にしてはいけない&拍手お返事

先日行った春画展に出品されていた絵師さんたちだけで、相関図を作ってみました。
年表を作ってから図に落とし込んだのですが、うとうとしながら作って見直しをしていない&だーいたい&適当なので、正しいと思ってはいけません(苦笑)
というわけで同行者ちゃん、こんな感じでいかがでしょうか。

ukiyoe01.png
↑ サムネクリックで(かなり)大きくなります。


 本日もお越しくださいまして、拍手や一言送信もありがとうございます。お返事は続きへ。


〜拍手お返事〜
>うみのすけさん

 こんにちは、いつもありがとうございます。
 今週はちょっといろいろありまして、更新をお休みさせていただきました。書けていないというのが一番の原因なんですが、外的要因もごろごろっと入ってきてしまいまして^^; 春画展で英気を養ってきたので、来週は更新出来るように頑張ります。

 ブログ掲載のレポートへの感想もありがとうございます。
 西本願寺へは今回、私が「絶対行きたいです」と同行者様たちにお願いして、日程に入れてもらいました。この記事の前の11月に西本願寺から副長のお手紙の写しが出てきましたし、夢小説で題材にさせていただいたものを確認したかったので(個人的には「お礼参り」と思っています)。

 西本願寺にいた頃の新選組についてはお話がいろいろ残っていて、考察の余地がありますよね(^^) 「ここにいたんだなあ」と思うとそれだけでにこにこしてしまいます。早朝の壬生は、行けてラッキーでした。ひとつの史跡をあらゆる時間帯から見ることで、考察の一助となるかなと。視点がどんどんマニアックになっていく気がします( ¨)

 3月のレポートでは新選組プラスアルファの場所も多かったですね。次回からの母との京都旅レポートは、申し訳ありませんが幕末らしいところはほとんどありません^^; ただただ親子旅なだけですので、気楽に楽しんでいただけたらと思います。

 では来週は更新しましたーをお届け出来るよう、作っていきます。うみさんのところへも、日曜日におじゃまいたしますので、よろしくお願いいたします(*^_^*)


 押してくださった皆様、ありがとうございました。

コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム