何事も詰め過ぎは良くない&拍手お返事

 1週お休みを頂いた上に遅刻しての更新、失礼いたしました。
 入れたい内容はいろいろあったのですが、私の脳みそが動いていないのと、ネタでごちゃごちゃしすぎたようで、書いててしっくりこず、なかなか書き切ることが出来ませんでした。

 本当は副長の実家に到着することを見据えての状況整理などもしたかったのですが、結局シンプルに、今回起きた事件だけを書いて、伏線もなし(苦笑) たぶん今書くタイミングじゃなかったんだと思います。

 今回入れたかったけど入れられなかった内容は、副長の実家にたどり着いた時に入れます。
 脳みそ動かして、手も動かして、作っていきたいと思います。


 本日もお越しくださいまして、拍手や一言送信もありがとうございます。お返事は続きへ。


〜拍手お返事〜
>うみのすけさん

 こんばんは、いつもありがとうございます。
 こちらの更新が遅れてしまったために、改めてお越しいただいて申し訳ありませんm(_ _)m

 新作への感想、ありがとうございます。
 ようやくセイちゃんは日野へ向かうことが出来ました。残りの道のりは長くないですが、頑張って進んでいくセイちゃんです。

 局長のお墓事件、賊軍となってしまった局長には、しばらくは泉下に至っても安息を得ることは出来ません。賊軍扱いとなった人たちへの仕打ちは酷かったそうですので、それを象徴する事件として書かせていただきました。
 ですが、それを許さないのが総司&セイちゃんで。本編では時代の流れの中で思うように局長をお守りできないこともあった総司ですが、死して尚守るという内容にいたしました。
 セイちゃんが副長の実家へたどり着くまであと少し、見守っていただければ幸いです。

 ブログ記事もご覧頂き、ありがとうございました。
 浮世絵の相関図、簡単にですがまとめてみました。あの展覧会へ出品されていた絵師さんたちだけなので、浮世絵界でのビッグネームが入っていないところもあります。たぶんビッグネームの方々も描いているとは思うんですが…。今後、もうちょっと調べてみて、何度かあった改革の内容やその刑罰なども入れていけたらいいなと思います。

 今週も上記についてたくさんのお言葉を下さり、ありがとうございました。またお読みいただけるように頑張ります。


 押してくださった皆様、ありがとうございました。

コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム