2015年4月・母娘で桜の京都三昧 その1

 3月に京都へ行ったばかりですが、4月にも京都へ行きました。
 4月は母と初めての親子旅行。
 ふたりとも歴史は大好きですが、今回は史跡云々は関係なく、まったくの観光オンリーで行きました。
 二泊三日の旅をご紹介していきます。


 本日もお越しくださいまして、拍手や一言送信もありがとうございます。では続きにレポートです。



〜2015年4月・母娘で桜の京都三昧 その1〜
独身の頃から母と「京都に行きたいわねえ」と言っていたのですが、ついに実現いたしました。
母の希望は桜の季節との事だったので、前年から準備して、日程も確保。
行き先は全て母の希望場所ばかりです。
仕事も「ここ絶対休むから」とスケジュールにグリグリに二重丸を付けておきました(笑)

◆三室戸寺◆
kyoto2015apr - 12
まずは三室戸寺。
場所は宇治になります。

kyoto2015apr - 11
この、ちょっと参道が湾曲している所、いいですね。

kyoto2015apr - 9
オンシーズンではないので入れませんが、落ち着いたお庭(^^)

kyoto2015apr - 10
庭の奥には、奥ゆかしく桜が咲いていました。

kyoto2015apr - 8
ご多分に漏れず、お寺は山ですので、上っていきましょう。

kyoto2015apr - 7
はい、もう一度。「お寺は山」

kyoto2015apr - 6
境内に上がってきました。
こちらは狛犬ならぬ狛蛇だそうで、財運・金運の神様であり、頭は翁、体は蛇。
ちょっと写真ではよく見えませんが、蓮の花に乗っています。

kyoto2015apr - 5
お寺自体は宝亀元(770)年、天智天皇の孫・光仁天皇の勅願により創建されました。
本堂は文化年間に建立。江戸時代後期の重厚な入母屋造りです。萌え(*´▽`*)

kyoto2015apr - 4
三重塔は元禄年間の建立で、もとは兵庫県のお寺にあったものを、明治になってから移設してきたそうです。
一階の花頭窓が何だか可愛らしい。

kyoto2015apr - 3
鐘楼と三重塔と椿。
蓮用の鉢がたくさんあって、咲いたらきれいなんだろうなあと思いました。

kyoto2015apr - 2
本堂前の狛兎。
兎の前にある大きな玉に穴が開いていますが、中にたまご型の石があって、立たせることが出来ると願いが叶ったり、昇運がつくと言われています。もちろん立たせてきました\(^o^)/

kyoto2015apr - 1
こちらも本堂の前にある狛牛。
口の中に玉があり、撫でると勝運がつくとのことです。ナデナデ…。

 お花のお寺として有名とのことですが、つつじ・あじさい・はす・紅葉の時期がオンシーズンらしく、この時は静かでした。
 おかげでゆっくりと静かな境内を回ることが出来ました。


 今回はここまでです。お読みいただきありがとうございました。
 次回は醍醐寺をご紹介します。

コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム