洗濯機騒動

 現在起きている洗濯機を巡る騒動をお楽しみ下さい(苦笑)
 お読みくださる方は続きへお願いします。



〜洗濯機騒動〜
 白物家電の代表格、洗濯機。
 どこのご家庭にもほぼある家電で、毎日お世話になっているものですね。

 えー、現在我が家には、洗濯機が2台あります。
 そして2台とも壊れています。
 どうしてそんなことになっているのか、お話いたします。つーか、話したい(笑)

 まず去年、1台目の洗濯機が故障しました。
 風呂水を組み上げるポンプが効かなくなったのです。
 
 その前にも一度、基盤を交換していて、ポンプも壊れたし、買い換えたいと思いました。
 ところがお義母さんに相談すると、「真水を使うならまだ大丈夫なんでしょ?」と言われ、その通りといえばその通りなので、風呂水がもったいないなと思いつつ使っていました。

 しばらくして、お義母さんのお友達が中古の洗濯機を譲ってくれることになりました。
 そのお友達は今まで一人暮らしだったのですが、妹さんと同居することになり、洗濯機が余ったのだそうです。

 「それをもらってきて入れ替える」という話だったので、待っていました。
 ところが、土壇場でお義母さんが、
 「やっぱり今の洗濯機を使って、もらってきたのは今すぐには使わない」
 と言い出しました。
 何故なのか理由を聞いたのですが、はぐらかされて答えてもらえず…。
 仕方ないので、もらってきた洗濯機はガレージで保管して、言うとおりにしていました。

 そして先日、もともとあった洗濯機が動かなくなったので、もらってきた洗濯機を使うことにしました。
 ところがこの洗濯機、もともとあった洗濯機よりも古そうな上に、洗濯槽の中で保管しておいたパイプ類は埃だらけ。
 なんだかあやしいなと思いながら設置しました(もちろんきれいにしてからですが)。

 が、いざ設置しようとすると、この洗濯機用にと渡された水道とのマウントが合わない。
 洗濯機からのホースの位置が、防水パンの排水口の位置と逆。
 取水ホースをかけておくフックはすぐ壊れるというシロモノでした。

 しかしながら、ここからが本番です。
 いざ洗濯機を回してみると、ブレーカーが落ちまくるのです。
 洗いで落ち、すすぎで落ち、脱水で落ちる。
 確かに朝は忙しく、誰もが電力を使いたい時間帯です。でも、今までの洗濯機でブレーカーが落ちるなんてことはありませんでした。
 洗濯機を回している間、暖房の類はエアコンからこたつに至るまですべて消し、テレビも消し、電気ポットや炊飯器のコードを抜いても落ちます。

 お義母さんはそれでも新しい洗濯機を購入する気がないらしく、契約アンペアを上げる工事を頼みました。
 でも、やっぱり落ちるものは落ちるのでした。

 ブレーカーが落ちるということは、ネットも繋がらなくなるということで、絶賛有給消化中でリアルタイムでオンラインゲームをしている相方はんも困っていて、お義母さんに買い替えを進めてくれています。
 毎日何度もブレーカーが落ちるということは、常に電源がつながっているテレビやレコーダー、その他の家電によくない影響を与え、一斉に壊れたら洗濯機を買い換えるだけの騒ぎじゃないということも言ってくれました。

 しかーし。
 今朝、ついにもらってきた洗濯機が動かなくなりました。
 これで不毛な洗濯機騒動にも終止符が打たれることでしょう。
 洗濯途中で動かなくなり自動ロックがかかって中身が取り出せなくなった洗濯機の前で、お義母さんの知り合いでいいかげんな信用出来ない電気屋がつけたホースからあふれた大量の洗濯水を拭きながら、すでにアタリをつけている新しい洗濯機に思いを馳せるコヤマでございました。

 お義母さんも悪い人では決して無いのですが、もったいない精神が行き過ぎている気がします。
 私に出来るのは黙っていること、そしてお義母さんが納得するまで付き合うこと、それだけです。
 心に鉄のブラインド(^^)


コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム