2015年9月・10月 うるわしの奈良逍遥記 その8

nara2015sep2-1 - 1 (1)
更新が大幅に遅れて申し訳ありません。
奈良旅2日目の早朝、2ヶ所目に訪問した神社です。
でっかい写真満載、お読みくださる方は続きへお願いします。



〜2015年9月・10月 うるわしの奈良逍遥記 その8〜
◆漢国神社◆

nara2015sep2-1 - 2 (1)
漢国神社です。
読み方は「かんごうじんじゃ」。

nara2015sep2-1 - 3 (1)
緑に囲まれた朱塗りの鳥居をくぐると…

nara2015sep2-1 - 10 (1)
三間社流造(柱によって三つに区切られ、前の屋根が大きくせり出した形)・檜皮葺、桃山時代の様式のお社が姿を現します。


nara2015sep2-1 - 9 (1)
ここも建立は、前回ご紹介した率川神社と同じく豪族の大三輪白堤らしいです。
大三輪白堤は大物主命を、後に藤原不比等が大己貴命と少彦名命を祀ったと伝えられています。

nara2015sep2-1 - 7 (1)
大願ではないけれど、成就したい願いがある。お願いします。

nara2015sep2-1 - 8 (1)
日本に初めてまんじゅうを広めた林浄因命も祀られており、饅頭塚なるものもあります、
春と秋に、まんじゅうに関する例祭などが行われるそうです。

nara2015sep2-1 - 12 (1)
源九郎稲荷神社。
ここにある由来はわかりませんが、奈良県大和郡山市に、日本三大稲荷に数えられる同名の神社があるとのこと。そこから勧請してきたのかもしれません。
ちなみに源九郎稲荷神社にはいくつかの伝説があり、そのうちのひとつに「妖刀小(子)狐丸」のお話があります。源九郎狐は源義経を助ける狐であったのですが、ある淵の大蛇を倒した際、大蛇の尾から刀が出てきました。この刀は「小狐丸」と名付けられ、石上神宮に収められたということです。

nara2015sep2-1 - 4 (1)
江戸時代には徳川家康が参詣し、甲冑を奉納しています。
現在は奈良国立博物館で保管されているそうで、いつか見てみたいですね。

nara2015sep2-1 - 11 (1)
秋めいている朝の空、いいスタートでした。


◆今回の狛犬さん◆
nara2015sep2-11 - 2 nara2015sep2-11 - 1

nara2015sep2-11 - 4 nara2015sep2-11 - 3
両方とも、漢国神社にあったもの。表情豊かですね。
狛犬写真集を作る人の気持ちがわかる。


 今回のレポートはここまでです。
 次回は車で山の辺の道を縦断、まずはくしくも源九郎稲荷神社のところで名前が出た石上神宮へ。
 ここまでお読み下さりありがとうございました。
 

コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム