2015年9月・10月 うるわしの奈良逍遥記 その9

nara2015sep2-3 - 1
奈良旅2日目、本格的に行動開始です。
まずは、大和最古の道と言われる山の辺の道。
その途中にある石上神宮へ。

でっかい写真満載、お読みくださる方は続きへお願いします。


〜2015年9月・10月 うるわしの奈良逍遥記 その9〜
◆石上神宮 前編◆

nara2015sep2-3 - 2
ここを通って神域に入った瞬間、空気が変わったのを全員が感じました。
俗世間と神域の境目。清く重く、入ってくるものすべてを浄化するような空気でした。

nara2015sep2-3 - 3
ひとつ前の写真の突き当りを左に、直角に曲がると…

nara2015sep2-3 - 4
ご祭神の一、布都御魂大神と書かれた扁額のかかる、大きな木造鳥居。
高さ7メートル、横10メートル、柱の太さは76センチ。
昭和3年に建てられたものを、平成23年に修理・再建立したものだそうです。
朱塗りでありながら木目も残している、美しい鳥居ですね。

nara2015sep2-3 - 5
静謐な境内ですが、いつもと何かが違う…。
そう、正面にお社がない。

nara2015sep2-3 - 6
庭には、鶏。
鶏は時を告げる鳥として神聖視されたり、闘鶏、愛玩動物、家畜や食用、絵画に描かれるなど、人間の歴史とも深い関わりのある鳥さんです。
この写真では1羽しか写っていませんが、他にも数羽の鶏がいました。

nara2015sep2-3 - 7
何とご立派な回廊だろうか…

nara2015sep2-3 - 8
楼門。
文保二(1318)年の建造。
回廊と対照的な、塗りのない白木の造り。

nara2015sep2-3 - 9
全体的なバランスといい、屋根の尖り具合といい、素晴らしい…

nara2015sep2-3 - 10
屋根の越年具合、斗栱の組の美しさがよくわかるようにズーム。
ちなみに扁額に「萬古猶新」と書かれており、文字は山県有朋によるものだそうです。


 今回はここまでです。
 次回は石上神宮後編、拝殿や神社の成り立ちも含めてお伝えいたします。
 ここまでお読み下さりありがとうございました。

コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム