dマガジン登録してみました&拍手お返事

 今、あちこちのブックサービスで、本の読み放題を扱っていますね。
 一定金額を支払って、決められた範囲の本をいつでも読めるってやつです。

 どんなものかと興味があり、調べてみると、読みたい本が結構ありました。
 書籍版とは収録されているページ数が異なる雑誌もあるようですが、メインの記事はだいたい読めそうです。

 Amazon、楽天、dマガジンの3つを比較し、読みたい雑誌が一番多く取り扱われているdマガジンを選びました。
 ブラウザかアプリから読み込みをするのですが、アプリをiPadに落として読むのが一番いいと思います。ピンチイン&アウトで紙面の大きさが手軽に変えられて便利です。

 何を読むかというと、まず「歴史人」。
 最新号は織田信長の特集で、「信長の天下布武と抵抗勢力との激闘」と銘打った記事がてんこもりです。
 そもそも信長の言う「天下」とはどこを意味するのか、表題の「抵抗勢力」とはどこのことなのか。信長の強さの秘密とは、彼の敷いた政策とその結果がもたらしたものはなど、魔王ではない信長の実務的な姿を浮き彫りにしていきます。
 他にも長篠・川中島・関ヶ原の各合戦図屏風の解説や、徳川家康の嫡男松平信康切腹の謎なども、書籍版と変わらず読むことが出来ます。

 普段読まないような本がぱらっと見られるのもいいですね。
 「デジモノステーション」で「AKIRA」の金田くんが乗っているバイクをモデルに、未来のバイクのカタチを特集した記事が読めたのはファンとして嬉しかったです(笑) 手帳術の記事を組んでいる雑誌もいくつかあってばーっと横断して読めるのもいいし、「趣味の文具箱」は萌えすぎます(*°∀°)=3 ファッション雑誌も年代性別を問わずたくさんあるので、絵を描く時の参考に出来そう。

 期間限定でその季節にあったムック本もあったりして、1ヶ月まるっと楽しむのにはちょうどいい雑誌量です。
 読みすぎて画面疲れしちゃわないように、少しずつ楽しんでいきます(苦笑)


 本日もお越しくださいまして、拍手もありがとうございます。お返事は続きへ。



〜拍手お返事〜
>うみのすけさん

 こんばんは、いつもありがとうございます。
 お忙しい中、時間のやりくりをしてお越しいただき恐縮です。中途半端なものは送られてきておりませんのでご安心下さい(^^)

 ブログ記事への感想、ありがとうございます。
 長谷寺、いつもお寺神社は山と思っておりますが、ここも深山幽谷の中に巨大伽藍がございます。木造建築の宿命として火事→再建は避けられないですよね、それを乗り越えて堂々たる門を作り直しているってすごいと思います。細工も素晴らしいですよね(●´ω`●)
 登廊、浅めの段がどこまでも続いていくのが壮観でした。病気平癒のお礼にって、うみさんもおっしゃるように命大事であったとともに、どれだけ信心深かったのかを考えてしまいます。
 季節的にも立ち枯れており、硬派な風景の写真が多いですが、本来は花の御寺と呼ばれるほど四季折々に花が咲き乱れるお寺だそうです。次はそういう時期にも訪れてみたいなと思います。

 『ダークグリーン』、ご存知でしたか(・∀・) 少女漫画SF全盛期だったかもしれませんね。私はあまり少女漫画を読まなかったのですが、この作品は好きでした。萩尾先生もいいですよね。

 テレビ番組、お出かけシーズンですのでお城(や寺社仏閣)と紅葉の組み合わせが多い気がします。
 寒かったり暖かめだったりしていますが、外出時はお互いに風邪を引かないように気をつけたいですね。

 今週もあちこちに目をお配りくださりありがとうございました。
 こちらからも明日お伺いしますので、よろしくお願いしますm(_ _)m


 押してくださった皆様、ありがとうございました。

 

コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム