2015年10月 中山道中〜新町宿から板鼻宿〜 その2

nakasendou2015 - 15
お時間いただき申し訳ありませんでした。
新町宿と倉賀野宿をお届けいたします。
新町宿は浪士組が上京する際に休憩を取った場所だそうです。


 でっかい写真満載、お読みくださる方は続きへお願いします。



〜2015年10月 中山道中〜新町宿から板鼻宿〜 その2〜
◆続・新町宿◆

nakasendou2015 - 2 -01
新町宿はかつて四十三軒の旅籠があし、松尾芭蕉も立ち寄って句を読んだ宿です。
本陣の場所が残っており、標柱も立っています。
建物は今の住宅ですが、こういうものをしっかり残してくれているのが嬉しいですね。
ちなみにこの新町宿では浪士組だけでなく、和宮が降嫁する際にも休憩を取っています。


◆倉賀野宿◆
nakasendou2015 - 14
中山道12番目の宿、倉賀野宿です。
五世紀頃には古墳が作られ、今も浅間山古墳や大鶴巻・小鶴巻古墳などが残っています。
平安時代には荘園が置かれて、南北朝時代には倉賀野城が築城されました。
戦国時代には上杉・武田・北条の勢力争いが起こり、倉賀野城は天正十八(1590)年に廃城になりました。
古代から中世あたりまでは激戦の歴史が刻まれていたようですね。

nakasendou2015 - 16
いかにも宿らしい、まっすぐで高低差のない地面ですね。
日光例幣使街道との追分があり、毎年四月には東照宮例祭のため朝廷から使わされた勅使が通っていきました。
追分には文化十一年に作られた常夜灯や閻魔堂があるそうですが、車で走っていたら通り過ぎてしまいました。
享和三(1803)年には旅籠が六十四軒もあったとのこと。追分があったので賑わったことでしょう。

nakasendou2015 - 18
倉賀野古商家おもてなし館。
明治時代に穀物商だった大山家大黒屋の建物が復元されており、たかさき都市景観賞を受賞しているそうです。
中に入ることが出来、家屋の内部を見ながら休憩することも出来ます。
「倉賀野めぐり」という街案内がすごく細かくて、たくさんのお寺や古い建物が紹介されています。
今度はこの案内を見ながら町を回ってみたいと思いました。

nakasendou2015 - 19
烏川です。
江戸時代初期から、江戸とこの地域を結ぶ河岸として栄えていました。
江戸へは米を持っていき、帰りには塩やお茶、干魚などを輸送したそうです。
元禄の頃が最盛期で、上りは三万駄、下りは二万二千駄の荷物を運び、船宿は十軒、船は百五十艘に達したとのこと。

nakasendou2015 - 20
明治期に鉄道が開通されると舟運の役目を終えました。
それを偲び、河岸にはいくつもの碑が建てられています。

nakasendou2015 - 21
平たくて、荷物の積み下ろしがしやすそうな岸辺ですね。
宿もあり、河岸もあり…繁栄した理由がわかる気がします。

nakasendou2015 - 22
こちらはお行ばあさんという方に由来する祠です。
河岸がまだ盛んだった頃、行をおこなう女性がいて、その人に拝んでもらうといろいろなことが当たったり病気が治ったそうです。文化九(1812)年にその女性が亡くなる際、自分が死んだ後に祀ってくれたら町に疫病を入れさせないといったのでこれを建て、毎年七月十四日に供養を行い、現在まで続いているそうです。すごい。

nakasendou2015 - 23
倉賀野宿の中町にあった、御伝馬・人馬継立所の跡です。
次の宿へと大名や公用の荷物を運ぶための人足と馬を常備しており、この倉賀野宿には天保十四(1843)年に継立場が三ヶ所ありました。
日光例幣使街道の追分でもあったこの宿、かなり重要だったのではないでしょうか。

nakasendou2015 - 24
脇本陣跡の須賀家です。
江戸時代には河岸問屋であると同時に脇本陣でもありました。
写真奥から連子格子の主屋、門、白壁、番人小屋と続いております。
ここからは見えませんでしたが、裏手には薬医門や土蔵、味噌蔵などがあるそうです。

nakasendou2015-2 - 2
いっぺんに撮影できなかったので、主屋と門。

nakasendou2015-2 - 1
白壁と番人小屋をそれぞれご覧ください。

nakasendou2015 - 25
高札場も見やすく残されています。


 今回のレポートはここまでです。
 次回は高崎神社と、和宮が宿泊した際にお伴が休憩した上豊岡の茶屋本陣前編をお届けしたいと思います。
 ここまでお読み下さりありがとうございました。


コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム