2015年10月 中山道中〜新町宿から板鼻宿〜 その3

nakasendou2015 - 29
今回は高崎神社をお届けいたします。
高崎神社は、過去には熊野神社と称していました。
寛元元(1243)年、上野国和田城の城主であった和田氏が、城中に相模国の熊野神社を勧請したのが創建とのこと。
それから約三百五十年後の慶長三(1598)年、井伊直政が上野国を治める際に和田城跡に高崎城を築城し、同時に熊野神社をこの地に遷座して高崎の総鎮守となったそうです。
天文三(1543)年鋳造の鰐口が社宝で、元は秩父の菊水寺のもので、高崎城内の二宮大明神を経て高崎神社へ移されたのですが、なぜ移されたのか詳細は不明です。

かわいい狛犬さんたちもいたので、お読みくださる方は続きへお願いします。


〜2015年10月 中山道中〜新町宿から板鼻宿〜 その3〜
◆高崎神社◆

nakasendou2015 - 26
中山道からちょっと脇に入ったところに、神社がありました。

nakasendou2015-1 - 2 nakasendou2015-1 - 1
石鳥居脇の狛犬さんたち。
愛嬌がありますね。

nakasendou2015 - 30
波に鳥ですかね、防火の願いが込められているのでしょう。

nakasendou2015 - 31
境内社の美保大國神社。
昭和四(1929)年、市内の商工業者が業務の発展を願って、島根県の美保神社から勧請したもの。

nakasendou2015-1 - 4 nakasendou2015-1 - 3
大国主大神と、事代主神をお祀りしています。

nakasendou2015-1 - 6 nakasendou2015-1 - 5
美保大國神社の狛犬さんたち。
イケメン。

高崎と言えば今でもだるまや白衣観音などでも有名なのですし、江戸時代も中山道六十九次のうち四番目に大きな宿だったそうで、旅籠も十五軒が記録されておりますが、この日はとても静かで、総鎮守もひっそりとしていました。

今回のレポートはここまでです。
次回は上豊岡の茶屋本陣前編をお送りいたします。
ここまでお読み下さりありがとうございました。

コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム