お正月の逃避先(展覧会情報)

 すでにお正月、親戚が来ることが決定しておりますコヤマですおはこんばんちは。
 というわけで、ぷち逃避行先を調べてみました←


特別展 国立劇場開場50周年記念 日本の伝統芸能展
2016年11月26日(土)〜2017年1月28日(土) at三井記念美術館
 日本の伝統芸能(現代芸術を含む)を保存する目的で国立劇場が開場してから50年。
 それを記念して、雅楽・能楽・歌舞伎・文楽・演芸・琉球芸能・民俗芸能の魅力を伝える特集展示が行われています。
 各芸能で使われる道具や、題材を取った絵画などを展示し、わかりやすく紹介してくれるそうです。

 伝統芸能は歌舞伎と能を一度見に行ったことがあるのと、展覧会でちょこっと道具を見たことがある程度です。本展でそれぞれの芸能について理解を深めるチャンスかと。
 なお、国立劇場との相互割引も実施しているようです。実際の舞台を見てみたい方はぜひ。


世界に挑んだ7年 小田野直武と秋田蘭画

2016年11月16日(水)~2017年1月9日(月・祝) atサントリー美術館
 1700年代後半、江戸時代も半ばの安永年間。「秋田藩士が中心に描いた阿蘭陀風の絵画」すなわち秋田蘭画が描かれました。
 西洋と東洋の画風が融合した画風を、その中心的な書き手小田野直武や、影響を受けた第八代秋田藩主佐竹曙山、角館城代佐竹義躬などの作品で振り返ります。

 小田野直武の名は知らずとも、『解体新書』の挿絵と言えばピンとくる方も多いでしょう。
 平賀源内が秋田藩を訪問したことで彼と知り合いになり、直武は江戸へ出て蘭学に接触します。
 そこから生まれた精緻な画風を存分に楽しめそうです。
 鎖国と言われる時代を覆す海外との交流についても情報があったらいいなと思います。


お笑い江戸名所 歌川広景の全貌
2017年1月5日(木)〜2017年1月29日(日)
 歌川広重の弟子、広景。
 浮世絵というとどうしても広重や葛飾北斎、歌川国芳などが前面に出てきますが、今回は広景の「江戸名所道戯尽」全50点を楽しむ展覧会です。
 幕末の江戸の名所を舞台に、人々が面白おかしく暮らす様子を描いた浮世絵が並びます。
 その中には動物も多く登場しており、大名行列ごっこを楽しむ狐を描いた「王子狐火」は有名ですね。
 広景の正体を探るための三枚綴り合戦図や、広重や北斎をリスペクトしたと思われる作品もあるそうです。


戦国時代展 -A Century of Dreams-
2016年11月23日(水)〜2017年01月29日(日) at江戸東京博物館
 まるごと戦国時代(笑)
 合戦図や、戦国武将が所有していた鎧甲冑、刀、文書、ともに時代を生きた狩野派を中心とする絵師の絵画などをこれでもかと集めて展示。
 今年の大河ドラマ『真田丸』よりやや時代は早いところを取り上げるようですが、むしろ戦国時代はそこが本番。群雄割拠、ざわめきだつ時代の息吹を感じられそうです。
 東京・京都・米沢での巡回展となり、各会場でしか見られないお宝もあり、期間限定での展示物もありなので、行かれる方は公式サイトで展示物をよくチェックしていくとよろしいかと。
 ゲーム『戦国無双』シリーズとのコラボもあり、音声ガイドに出演されている声優さんがめちゃめちゃ豪華です。
 展示の仕方が絶妙ならば(江戸博はいい時とそうでもない時があるので)、最高の展覧会になるでしょう。


超絶入魂!時代劇画の神 平田弘史に刮目せよ!
2017年1月3日(火)~3月26日(日) at弥生美術館
 劇画家・平田弘史氏の、生誕80年と画業60年を記念した展覧会です。
 徹底した時代考証と迫力の画力で数々の劇画を書き続け、今回初公開の原画を含む約300点を公開。
 弥生美術館のサイトにアップされているポスターを見て、絶対に行かねばと思いました(笑)
 時代劇画の方の展覧会はなかなかないので、ぜひぜひに行きたいと思います。


博物館に初もうで
2017年1月2日(月) ~2017年1月29日(日) at国立博物館
 毎年恒例、トーハクの新春展覧会です。
 長谷川等伯の松林図屏風や古今和歌集などの国宝、来年の干支である鳥を描いた数々の絵画に加え、2日と3日には和太鼓や獅子舞、曲独楽に落語、クラリネットコンサートなどのイベントもあります。
 サイトの初もうで案内の下〜〜のほうに描かれている、ミュージアムシアター「江戸城の天守」上映と、寛永寺との連携で行われる寛永寺根本中堂特別参拝も気になります。十二神将像…(*´Д`)ハァハァ


 良い展示が目白押しですね。
 これは逃げるとか逃げないとかじゃなく、観覧を本気で考えないといけません(笑)
 あ、大銀魂展もあるし、1月17日からは春日大社展もあるんだった^^;


コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム