【台所西の丸化計画】冷蔵庫ェ…&拍手お返事

 冷蔵庫が壊れ、すべてが冷凍されるという現象に見舞われている我が家でございます。(前の記事
 お義母さんの知り合いの電気屋が言うとおり、3日ほどコンセントを抜いておく

 は ず だ っ た の で す が 。

 なぜかお義母さんが2日でコンセントを入れてしまい…。
 いやどうせそんなんで直るわけもないと思っていたので、いいっちゃいいんですけど…。

 結局直らなかったわけでして。

 これで電気屋が来てくれるんですよね、と伺った所、
 「呼べば来るよ、呼べばね」
 と言われました。
 呼ぶ気はないようです。

 じゃあ新しいのを買うのかと思えば、
 「昼だけコンセントを入れて、夜は抜くことにする」
 とのこと。

 …はい?

 しかし様子を見ていた所、
 「冷蔵庫の中身が凍ったらコンセントを抜いて、溶けたらコンセントを入れる」
 となっているもよう。

 まとめて茹でておいたほうれん草が凍る。
 生卵も凍る。
 明日のお弁当のお肉も凍る。
 サンドイッチ用のハムも、ゆで卵も凍る。
 牛乳もビールも凍る。
 何もかもが凍る。
 そして解凍され、また凍る。
 食材がどんどん不味くなっていき、調理にも支障がでてくるわけです。
 朝の限られた時間に、カチコチになった肉を解凍するところからやらなきゃいけないってしんどい。

 買い換えるから二三日の辛抱とか、百歩譲ってそういう冷蔵庫しか開発されない時代なら諦めますけど、大きさも冷凍・冷蔵技術も選べるこの時代に、壊れたままの冷蔵庫を使い続けるって一体…。

 ちなみに、我が家には冷蔵庫が後3台あります。
 どれも台所にはなく、私は開けたことがありません。
 よんどころがなくなったらそのうちのひとつを台所に持っていくるかもしれないらしいのですが、

 私は台所に立つものとして、いつどんなものが入れられ保管されているかわからない冷蔵庫を使う気にはなれません。

 ああ、もう自分用の冷蔵庫が欲しい。
 それこそ二三日で使い切るだけの食材と、僅かな調味料が入るだけの大きさでいいんです。
 私は冷蔵庫を、数日のうちに食べきるだけの食材を一時的に補完する目的でしか使っていませんので。

 私が食中毒で倒れるまでの辛抱です。←やさぐれ
 あ、相方はんにはちゃんと話をしてありますので、その点はご心配なく。


 本日もお越しくださいまして、拍手もありがとうございます。お返事は続きへ。



〜拍手お返事〜
>うみのすけさん

 こんばんは、いつもありがとうございます。
 こちらは大丈夫です。幸いなことに雨や雪が降っておりません。雪になってしまうと交通機関から徒歩にまで影響が出てしまいますので、出来れば降らないで貰いたいですね。あ、夕方バイクで買い物に行ったら、寒さが痛かったです(苦笑)

 ブログ記事への感想、ありがとうございました。
 中山道の新町宿から板鼻宿、和宮の資料館はほぼ当時のままだそうです。時間が遅かったので中には入れませんでしたが、何が見られるのかとても気になります。月の宮については、だいたい周期は決まっているので、わかっていてこの日程にしたはずだと思います。細かいことではありますが、道中差し障りのないようさまざまな準備がなされていたと推察いたします。
 道祖神、お酒と徳利ってどういうことなんでしょうね。お土地柄なのか、製作者のシュミなのか?(笑) 何にせよ、なごやかな印象を受けますよね。
 今は静かな中山道、賑わっていたであろう往時に新選組の面々も通りました。見物の旅ではなかったので淡々と歩いていったでしょうけれども、彼らが見たのと同じ景色をお届け出来たらと思いました。また別の場所の中山道レポートも書きますので、よろしくお願いします。

 冷蔵庫は上記のように相成りました。冷蔵庫のあるありがたさを噛み締めているところです。
 買い替えも修理もない、それに意見しても通りませんので、今しばらくこのままです…。

 テレビ番組、今週は当然のように大河関係が多かったですね。
 大河の第一話を今日やっと見ましたが、なかなかおもしろかったですし、子役の子たちが素晴らしかったです。ぜひこのまま進んでいただきたいと思います。
 その中で新徴組の番組がふたつあり、どちらもそれぞれよかったです。
 ドキュメンタリーのほうは、今残っている史料や子孫の方のお話を紹介していましたし、ドラマのほうはお話も一時間半の時間枠の中で作り込んでいて、殺陣もすごかったです。総司のお兄さん・林太郎さんが出ていたのも嬉しかったです。

 今週もそれぞれにお言葉をありがとうございました。
 こちらからも後ほどお伺いします(^_^)/~


 押してくださった皆様、ありがとうございました。

コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム