お箸まみれ

 この前、お箸を洗って水切りに立てておいたのですが、そこへ重たいまな板が倒れてきてしまい、お箸が割れてしまいました。
 サントリー美術館のミュージアムショップで購入した竹箸で、細くて、長さもちょうどよくてすごく使いやすいのです。ミュージアムショップのお隣りにあるカフェで出していて、いいなと思ったので買ったものでした。

 実家に行った時に母に話すと、
 「あるから持っていきなさいよ」
 と、新しいお箸をくれました。
 封を切って使ってみたのですが、正直イマイチ…実家に置いてある私のお箸がはげちょろになっていたので、今度もらったお箸と交換しようと思います。

 その後、ちょうどサントリー美術館の近くに行く用事があったので、お箸を買おうと立ち寄りました。
 が、お正月期間でめでたい商品をたくさん出していたせいか、お箸がない。
 店員さんにも聞いてみたのですが、今現在は置いていないとのことでした。

 しょんぼりしながら、たまたま見つけたお箸の専門店で似たようなのを探して買いました。
 すると、「お年玉でお箸を一膳おつけしてますのでどうぞ〜」とおまけ付き。

 家に戻ってから両方使ってみましたが、どちらもどうもしっくりこない…(-_-;)

 そして某雑貨店で、シンプルな竹箸を見つけたのでこれも購入して使ってみました。
 今までのお箸ではサントリー美術館のお箸に一番近いけど、ちょっと違う。
 どんだけわがままだ自分(苦笑)

 ダメ元で検索してみたら、ありました。楽天で通販やってました。
 大分県日田市で作られている竹箸だそうです。ミュージアムカフェが加賀のお店のプロデュースなので、てっきり石川県産だと思ってました。

 注文したので到着待ちです。諦めなくてよかった(^^)
 これまでに購入したお箸は、菜箸や盛りつけ箸として使っていきます。

 どんなお箸か気になる方は「サントリー美術館 お箸」でググってみてください。
 細めのお箸が好きな方はすごく好きだと思いますよ〜。

コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム