進化した花粉症の薬&拍手お返事

 常用していた花粉症の薬が販売中止になったので、今年は新しい薬を試してみました。

 そしたらですね。
 薬がだいぶ進化を遂げていました。

 以前飲んでいた薬は、飲んで効いてくると体が熱くなったり、だるくて起きていられなかったり、鼻や喉がカラカラに乾いたりしていました。
 しかし、今の薬は体が熱くなることも、眠くてしょうがないことも、鼻や喉が痛くなるほど乾くこともありません。効き目も、マイルドなのにちゃんと効いてる感じがします。

 それでも花粉の量が多いので倒れてるんですけど(苦笑)
 薬で抑えられる量には限界があるんですよ。
 なので紙マスクと鼻マスクも必須です。眼鏡と帽子も装備すると完全にアヤシイ人です( ¨)

 まあしかし、体への負担が少なくなっただけでもありがたいです。
 花粉で倒れる→薬飲む→薬が強すぎて倒れる→栄養剤を飲む→栄養剤で無理くりパワーを出しているので疲れて倒れるのループから抜け出すことは出来たので。

 スギとヒノキの花粉が収まるまであと一月半、どうにかやり過ごしていきたいと思います。


 本日もお越しくださいまして、拍手もありがとうございます。お返事は続きへ。



〜拍手お返事〜
>うみのすけさん

 おはようございます、いつもありがとうございます。
 この時期だけは仕方ないですよね〜。花粉が飛ばなくなるまでじっと我慢するしかありません。

 ブログ記事への感想、ありがとうございます。
 鹿島神宮の樹叢はもともと神の森ですし、現在は天然記念物指定なので、人の手が入っていないのかもしれません。とにかくスゴイです^^;
 徳川一門の寄進もスゴかったです。特に秀忠が本殿を寄進したのは、父親が寄進したものを移動させており、そこまでして自分の建物を建てたかったのかと^^; 水戸は東北との境に近いですから、北の守りとしての役割もあったのでしょうか。とりあえず鹿島神宮に関しては武神ということで、徳川家も丁寧に扱っていたと思われます。
 要石、きっと昔から地震が多かったために名づけられたのでしょうね。やはり土地や古くからあるものの名前には意味があると思います。過去からの警鐘を、私たちも次へ伝えていかねばなりません。

 冷凍パン、とてもいいですよね〜。メリットが多いです(^^)
 ご紹介したスタイルブレッドさんは、自然解凍でも60分ぐらいでいけるようです。ちなみにレンジでチンしたらダメでした。トースターで焼かないとあかんです。

 テレビ番組、道長の関白日記は価値が高いですよね。なかなか残っているものではありません。
 20年分を読むのはかなり難しいと思いますので、平安時代はドラマ化・漫画化される機会が少ないですが、いつか着手してくれる人がいるといいですね。

 震災から6年の月日が流れましたが、復興とは何か、いまだ模索中のような気がします。
 減災、防災にこれからもちからを入れていきたいですね。


 押してくださった皆様、ありがとうございました。

コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム