2016年2月 東国三社めぐり 〜息栖神社 後編〜

tougokusanjya-2016 - 29
前回に続き息栖神社をお届けいたします。
ここは歌人が多く歌を残しており、鎌倉時代の歌人で後にもう少し北の笠間の領主となった藤原時朝や松尾芭蕉などの歌碑があります。
写真左が藤原時朝の歌で「鹿島潟沖津の森のほととぎす船をとめてぞ初音ききつる」。
右が松尾芭蕉で「此里は気吹戸主の風寒し」。
他にも柿本人麻呂などが歌を詠んでおり、その内容からここが古代から交通の要衝であったことが窺えます。


 でっかい写真満載、お読みくださる方は続きへお願いします。




〜2016年2月 東国三社めぐり 〜息栖神社 後編〜〜

◆ご神木◆

tougokusanjya-2016 - 31
しめ縄を巻いた、立派なご神木。
樹齢がどれほどなのか想像もつきません。
ずっと息栖神社を見守ってきているのでしょうね。


◆オガタマの木◆
tougokusanjya-2016 - 32
招霊木と書いてオガタマの木。
おそらくこの辺りの土地で生息の北限と思われるモクレン科の樹木です。
天照大神が天岩戸に隠れた際に天鈿女命がその枝を手にして踊ったと言われる木で、榊の自生しない地域においては代わりに玉串として捧げられたりするそうです。
近寄ってパワーをもらいましょうと貰いましょうと立て札に書いてあったので、ありがたく近寄らせていただきました。


◆境内社◆
tougokusanjya-2016 - 33
左が四柱合祀で、
・鹿島神社(今回のレポートの最初に書いた神社)
・伊邪那岐神社(伊邪那美命と対で祀られるのかと)
・高房神社(茨城県常陸大宮市にある神社? ご祭神は武甕槌命と倭速槌命)
・奥宮

右が五柱合祀で、
・香取神社(次回からレポートします)
・手子后神社(茨城県神栖市にある神社。ご祭神は手子比売命だがその正体は諸説あり。漁師が崇敬)
・八龍神社(茨城県久慈郡にある神社。ご祭神は両方とも雷神である高靇神・闇靇神)
・江神社(伊勢にある神社。ご祭神は長口女命・大歳御祖命・宇迦之御玉命。ご利益は五穀豊穣)
・若宮
となっております。

漁業・農業・雷神への祈りですかね。
この土地が何に畏敬の念を抱いていたのか想像しちゃいます。
お社が左右対称なのも、何か意味があるのでしょうか。


◆力石◆
tougokusanjya-2016 - 34
力比べに用いられた力石。
写真では見切れてしまっているのですが、右端の石は天保年間の侠客・笹川の繁蔵が使い、奉納したものと伝わっており、「繁蔵の力石」とも呼ばれているそうです。
手前の狛犬たちがとても気になる(笑)

◆稲荷神社◆
tougokusanjya-2016 - 39
農作物のことはやはりお稲荷さん。


tougokusanjya-2016 - 38
大黒様の袋に、子猿と親猿。
これも何かしら意味を持って作ったものでしょう。


以上で息栖神社のレポートは終わりです。
古代から続く神域だったと感じました。


 今回のレポートはここまでです。
 次回は香取神社をお届けいたします。
 ここまでお読み下さりありがとうございました。

コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム