荷物の始末が終わるまで&拍手お返事

 伊勢・熊野・高野山をめぐる二泊三日のツアーから無事帰宅いたしました。
 留守中もツイッターは少しだけ稼働していたので、見てくださったりお気遣いくださったり、ありがとうございました。レポートは後々にアップいたします。

 さて、帰宅はしたものの、おみやげと洗濯物は宅配便で送ってしまったので、まだ静かです。
 今日の夜と明日に分けて届くので、届いたらせわしなくなるかと。
 特に洗濯物は二日分×2人分なので、洗濯が大変なことに^^; おみやげの仕分けも多少あります。
 帰ってきたからすぐ日常というわけにはいかないのが主婦ですよね。
 荷物の始末が終わるまでが旅行です(*^^*)


 本日もお越しくださいまして、拍手もありがとうございます。お返事たいへんお待たせいたしました、続きへ格納いたします。




〜拍手お返事〜
>うみのすけさん

 こんにちは、多出していたためお返事が遅くなり失礼いたしました。また、旅行中もお構いくださりありがとうございましたm(_ _)m

 ブログ記事への感想、ありがとうございます。
 興正寺さん、かつては相当大きかったようですね。今でも本堂と阿弥陀堂はとても立派です。経蔵はおそらく土蔵造りでしょう。少なくとも外壁は木造ではないです。火事の多かった江戸時代、大切な経典を守るためには必要な建築だったと思います。

 西本願寺、やっとレポートの順番になりました\(^o^)/
 新選組といったらやはりここ、巨大な建築物を要するお西さんでございます。どれだけ門徒さんのちからがあったのか^^; 見直してみたらネタにさせていただいた七宝物があったので、次回ご紹介いたします。

 家康その4、秀忠は比較的長生き(52歳)だったのですが、五男までは二十代・三十代という若さで亡くなっています。死因はそれぞれですが、病気の恐ろしさを痛感しますね。秀康は、もし本当に梅毒ならどこで罹ってしまったのか^^; 父親は感染しないように気をつけていたらしいので、対照的な親子ですね。風の法眼、診断シーンで梅毒ありましたね、懐かしいです(^o^) 信康はどの理由にしても政治的意図が見え隠れしているように思えます。信長は(秀吉もですが)家康をかなり意識していた感じがします。

 テレビ番組、天狗党がなぜか時々取り上げられていますね。葵祭の京都、私も一度は見てみたいです。歴史を感じさせる衣装での行列、見ごたえがあるでしょうね((o(´∀`)o))ワクワク 今川義元、よく特集されるようになってきています。ただ信長に討たれたおじゃる大名と思われてきましたが、今後の研究でそれを覆してもらいたいです。

 いつもながらひとつずつにお言葉をありがとうございました。
 こちらからもまたお伺いします(^_^)/~


 押してくださった皆様、ありがとうございました。

コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム