たまたまが重なった銀魂映画観覧(ネタバレ無し)&拍手お返事

 昨日、封切り初日に実写版銀魂の映画を見てきました。
 ツイッターで観覧をつぶやいたところ大変多くの反応をいただきありがとうございました(笑)

 めっちゃたまたまなんですけど仕事が休みになり、以前から良くなくて騙し騙し使っていて最近も治療中だった奥歯が急激に悪くなったので歯医者に行くことになり、気づいたら封切り初日でした。じゃあついでに観に行くかなと。

 痛い麻酔を3本打ちながらも、ビール瓶の栓を抜くが如く簡単に奥歯が抜かれ、口の中が血まみれになりながら映画館へ。
 でも、抜いた痛みも忘れ、約2時間、たっぷり楽しませていただきました。

 ネタバレせずに感想を述べさせていただきますと、
・銀さんマジ銀さん
・新八マジメガネ
・神楽ちゃんちょーゲロイン
・お妙さん面白すぎる

・歌舞伎界の若き至宝が全身ハチミツまみれ&フンドシ&●裸という衝撃
・いいカラダしてるからなおさら衝撃
・大河では平助で今回は局長なんですね

・また子の美しいウエストラインに釘付け
・武市ヘンタイ(笑)
・似蔵のキャラ濃ゆく作ってきたなあ
・最初に出てきた天人、あの声って…

・脚本は映画向けに組み替えられていますが、地の部分はほとんど変更がなく、すべてのキャラクターに見せ場がちゃんと用意されています。この監督さんは群像劇がお上手とお見受けしました。
・銀魂といえば様々なパロディやオマージュが散りばめられおり、映画においてもそうなんですが、とりあえず全テレビ局に謝る感じですかね(;^ω^)

 実写化というと何かと物議を醸すものですが、銀魂においては何かもう、そういうものではなく。
 原作者さんとアニメ関係者さんたちと映画監督さんとすべてのスタッフさんが一丸となって作ってくれた銀魂ワールドを楽しみに行く、ずっとそう思ってました。その通りでした。楽しかった。ぜひ海賊に勝ってほしいです。

 しっかし…こんなすんごい実写化見せられたあかつきには、来月のJOJO先輩が心配になってきたな…あっちは設定いろいろ弄ってるからな…どうか設定の変更がいいほうに転がっていますように。


 本日もお越しくださいまして、拍手もありがとうございます。お返事は続きへ。



〜拍手お返事〜
>うみのすけさん

 こんばんは、いつもありがとうございます。
 抜歯へのねぎらいのお言葉もありがとうございます。生来歯茎が弱いもので、特に弱い奥歯がやられてしまいました。虫歯じゃないのに抜かなきゃいけないという(;´∀`) 落ち着くまで口内環境には気をつけておきます。

 ブログ記事への感想、毎度ながらありがたく頂戴いたしました。
 私も今回初めて知ったのですが、一寸法師は住吉大社にご縁のあるお話なのだそうで。確かに商売繁盛へとつながるような内容ですよね。他の港湾都市にも同じようなお話や神社がないのか、とても気になります。
 数々の巨木も、神木・霊木として信仰されているようです。見ているとその雰囲気に圧倒されますし、存在感に落ち着きを感じます。
 目の前が海だった住吉大社、物流もさることながら、海がさまざまなものをもたらしてくれることにも端を発しているのかなとも思います。金毘羅さんとも確かに通じる部分がありそうです。
 次回はメンチ切りまくりシリーズです(笑) 境内を守っている狛犬さんたちをずらっとご紹介いたしますね。

 家光くん、少年時代はいろいろと薄暗かったようで。環境的には同情の余地ありですが^^;
 そうそう、関わっている女性たちが曲者ぞろいですよね(え) 権力を巡っておんなの戦いが繰り広げられていてもおかしくありません。そうなったら「もうおなごちゃんはいいや…」ってオトコに走るのもわかる気がします(苦笑)
 次回は病弱な家光と、その時代の政策にも踏み込んでいきたいと思います。

 遅れ遅れの更新にお言葉をありがとうございました。
 こちらからも明日、お邪魔させていただきます(^_^)/~


 押してくださった皆様、ありがとうございました。


コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム