FC2ブログ

祖母作の袴の中から出てきたもの&拍手お返事

IMG_1703.jpg

 参加している歴史について語る会(仮称)で時々袴姿になることがあるのですが、先日袴を洗っていたら、腰板の部分の糸がほどけてしまいました。

 すると、中から厚紙で出来た板が現れました。

 この袴は、私の父が結婚式に着たもので、和裁を生業にしていた祖母の手作りの品です。
 今では腰板はプラスティックでしょうけど、この当時はおそらく厚紙だったのでしょう。きちんと形成された、ただものではなさそうな厚紙でした。

 祖母は日本橋三越にも着物を収めたことがあるらしく、縫い目も綺麗です。
 孫にはどーも受け継がれなかったようで(苦笑)、無骨な縫い目になってしまいましたが、なんとか直しました。
 これからも大事に着ていきたいと思います。


 本日もお越しくださり、拍手もありがとうございます。お返事は続きへ。



〜拍手お返事〜
>うみのすけさん

 こんにちは、いつもありがとうございます。
 お忙しい中、また、お体と相談しながらのご訪問、誠に感謝ですm(_ _)m

 ブログ記事への感想、ありがとうございます。
 吉宗の臣下たち、優秀な人物が多くいました。コメによる経済活動や外国の知識流入など多岐にわたり、それぞれにエキスパートがいて面白いですよね。私は青木昆陽が蘭学者だったことを初めて知り、驚きました(笑)
 かなり強引な手段を取って、辞めさせられてしまったような人たちもおりますが、いつの時代も「ちょうどいい」は難しいようです。
 次回は家族やライバルを取り上げます。こちらも面白い人物が揃っておりますのでお楽しみに(*^^*)

 テレビ番組まとめにも目を通してくださり、ありがとうございます。
 大河ドラマの影響でしょうね、幕末モノが多くて楽しみです。でも、いちおうご紹介はいたしましたが、内容的にちょっとどうかなと思うような番組もあるので、視聴したものを鵜呑みには出来ません(;^ω^)
 宮崎、なんで今なんでしょうね? 高千穂はたびたび取り上げられているので、観光シーズンにもなりますし、そういう意図もあるのでしょうか。

 拙宅へはご都合のつく時にお立ち寄りいただければと思います。
 まずはお体第一、ご都合第一で(^○^)
 こちらからもまたお伺いします(^_^)/~


 押してくださった皆様、ありがとうございます。


コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム