FC2ブログ

詐欺師も酷いがK察も酷い&拍手お返事

 先日、お義母さんが振り込め詐欺に遭いそうになりました。
 以下、どういうことだったのかふんわり書いておきます。

 内容はありきたりなもので、医療費の還付があるから銀行の口座番号を教えてほしい、その口座に一定以上の金額がないと手数料を取られるので入金してほしい、キャッシュカードが必要なので取りに行く、暗証番号が必要なので教えてほしいなど、言葉巧みに誘導してきたそうです。

 私は外出中でしたが、運良く子どもたちが家にいたので食い止めてくれました。
 しかし、医療費の還付という言葉に目がくらんだのか、お義母さんはなかなか子どもたちの言うことを聞かず、大変だったそうです。
 さらに、家族のLINEで子どもたちが報告してくれたのを見て、仕事中の相方はんがお義母さんに電話し、キャッシュカードの暗証番号をすぐに変更させて事なきを得ました。

 ここまででも詐欺って酷いなと思ったのですが、更に酷かったのがK察の相談窓口(仮称)の対応です。

 こういう未遂事件があったら相談窓口に連絡してくださいとアナウンスされているので、お義母さんと子どもたちで電話しました。
 が、話があまりにもありきたりだったせいか、まともに取り合ってもらえず…。
 最後には「被害にあってからでないと対応できない」と…。

 はい?
 サイトにも書いてあるんですけど?
 『犯罪被害の未然防止など、生活の安全を守るための相談窓口』って。
 被害に遭いそうになったから、この地域でこういう詐欺未遂事件があったからって連絡したんですけど?
 実害が出てからってどういうことです?

 これだからK察はダメなんだ…。
 被害が出てからじゃあ、どんどん被害がデカくなるばかりじゃあないですか。
 市民の生活を守るのが役目じゃあないのか。

 もーほんとに酷い。
 というわけで皆さん、自衛するしかありません。
 自分の身は自分で守りましょう。
 「詐欺防止」でググるといろんな詐欺のタイプや防止策が出てくるので、ちらっとでも見てみてください。

 また、「まだ自分はひっかかる年齢ではないから大丈夫」と思っている方も、相手はいつどんな方法で忍び寄ってくるかわかりませんので、信用出来ない話やうますぎる話にはご注意を。この世知辛い世の中、うまい話なんてありませんからね(苦笑)

 あと、これは詐欺でもなんでもないんですけど(笑)
 4月1日にエイプリルフール企画を実施いたします。
 ツイッターとブログでお知らせいたしますので、よろしければお立ち寄りくださいm(_ _)m


 本日もお越しくださいまして、拍手もありがとうございます。お返事は続きへ。



〜拍手お返事〜
>うみのすけさん

 こんにちは、いつもありがとうございます。
 毎週の更新、大変お疲れ様です。調べたことを小説に昇華させるのはいろいろ難しいですよね。しかしながら、今回取り上げられている練兵所設立のお話は、なかなか歴史で取り上げられない部分でもあり、興味深く読ませていただいております(*^^*)

 ブログ記事への感想、ありがとうございます。
 吉宗のお父さんの光貞、だいぶ吉宗を推していたようです。資料からはわかりづらい部分もあるのですが、吉宗のお兄ちゃん3人はあまり体が強くなかったのかもしれません。実際、次兄くんは早くに亡くなっていますし、藩主になった長兄くん・三兄くんも次々と命を落としています。だからこそ、丈夫な吉宗に早くから目をかけていたのかなと思います。性格もどことなくおおらかな感じですよね、確かに長っぽくない(笑)

 尾張藩主の徳川宗春、派手に散財することで経済を回そうとする政策を打ち出し、緊縮財政の吉宗とは正反対でした。どちらのやり方がよかったのかは一概には言えませんが、対立するまでに話し合いとかなかったのでしょうか。死して尚金網をかけられるほどの対立、よほど吉宗や幕府の癇に障ったのかもですね。

 ツイッターでもいつもお構いくださり、ありがとうございます。
 振り込め詐欺、本当に危なかったです。ホントどんな手を使ってくるかわかりません。今後も注意していきたいと思っています。
 花粉症の薬はいろいろと試していますが、ちょうど今スギとヒノキが同時に飛んでいるので、もっとも辛い時期に差し掛かっています。スギだけでも早く止まってくれればいいんですけどね…。ずっと病院には行っていなかったのですが、やっぱりちゃんと見てもらったほうがいいんでしょうか。教えてくださったように別の症状との複合も、ないとは言い切れませんし(;^ω^)

 今週もあちこちへお言葉をありがとうございました。お互い体調には気をつけていきましょうね(^O^)
 こちらからもまたお伺いします(^_^)/~


 押してくださった皆様、ありがとうございました。

コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム