FC2ブログ

バレットジャーナルを試す&拍手お返事

 ここ数年、スケジュール管理はmacのカレンダーを使っていました。
 が、ネットの記事で「バレットジャーナル」という手帳術を読んで、面白そうだったのでお試し中です。

 バレットジャーナルとは、用意するものは普通のノートと鉛筆一本。
 主に箇条書きにした項目の先頭にバレット(発音的にはブレット)という記号をつけ、これからやることや考えること、終了したこと、先送りすることなどを管理していく手帳術です。
 また、全てのページを自分で作成するので、目次や各ページのナンバリング、カレンダー、毎日の日付なども記入しなければならないのですが、自分に必要なページだけを作ることが出来るので、自分にピッタリな手帳になります。
 詳しくはバレットジャーナル公式サイトさんでご確認いただければと思います。

 市販の手帳だと一日に記入できる量が決まっていて、何も書かない日もあれば、書ききれない日もあります。
 が、バレットジャーナル方式だと、毎日の日付を自分で書く必要はありますが、その代わりに一日のメモ量を自由に変更出来ます。大事な項目は目次で「何ページ ○○」と管理していけば、後々に見失うこともありません。

 私はノートではなく、A5サイズの革製バインダーを使っています。
 たまたま地元の大正年間創業の文房具屋さんが閉店することになり、セールで買いました。
 ルーズリーフはマルマンの方眼紙と無地のものを半分ずつ入れました。紙質が良く書きやすいです。

 自分で利用する内容は、目次・月間予定表・月間カレンダー(シールタイプのカレンダーで対応)・毎日やることチェックボックス・デイリーログで構成しました。
 毎月カレンダーを貼って毎日やることチェックボックスを書き直すのは手間ですが、私は楽しいです(笑)
 まだカレンダー&デイリーログが出来ていない先々の予定は月間予定表に書き込んでおいて、出来た時に改めて書き直します。

 最初は普通の手帳術とあまり変わりないように思えましたが、やってみるとちょっと違う。
 余分なページがない思い通りの手帳を自分で作れるのは気持ちいいですし、毎日のタスクの進捗状況がバレットでさっと見渡せるのもわかりやすいです。書いても書かなくてもいいというのはストレスがなくて気持ちが楽ですし。
 毎日やることチェックボックスはすごくいいです。縦軸に毎日やること、横軸に日付をばーっと書いて、やる項目が実際に出来たらチェックを入れていくもので、自分がどのぐらい進められたり、進められなかったりがわかります。
 
 しばらく紙の手帳を使っていませんでしたが、今後はこれで自分を管理していこうと思います。
 あ、昨日の項目にコナン君の映画を見に行ったことを追記しておかねば…φ(..)


 本日もお越しくださいまして、拍手もありがとうございます。お返事お待たせいたしました、続きへ格納いたします。


〜拍手お返事〜
>うみのすけさん

 こんにちは、ご旅行直前のお忙しいところ、コメントをお寄せ下さりありがとうございます。
 現在お天気はまだ大丈夫そうですが、なんとかお帰りまで持ってくれるといいですね。

 ブログ記事への感想、ありがとうございます。
 吉宗とコメは、切っても切れない話題ですよね〜。私もコメが経済と深く絡み合っており、重要視されているということを今回改めて振り返ることが出来ました。形は違えども現代の経済対策とやっていること・やらなければいけないことはさほど変わりがなく、吉宗が将軍として自ら旗を振って取り組む姿勢がすごいなと思いました。やはり将軍の器だったんですね。

 テレビ番組、今週は西郷どん関係が多いですね。その中で異彩を放つ美子皇后の番組。実は見逃してしまったので、再放送がないか全裸待機しているところです(´・ω・`) 放送局さん的には再放送してくれそうですが、やはり観たい番組ほど録画しておかねばなりません。

 今週もあちこちにお言葉をありがとうございました。無事のお戻りをお待ちしております。
 こちらからも明日、お伺いいたします(^_^)/~


 押してくださった皆様、ありがとうございました。

コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム