FC2ブログ

今年の花粉はひどかった&拍手お返事

 今年もスギ・ヒノキ花粉の季節がやっと終わります。同病の皆様、大変お疲れ様でした。
 テレビでも毎日のように放送されていましたが、花粉の飛散量が尋常ではなかったとか。
 ヒノキは去年の40倍が飛散していたという話もあり、恐ろしいと思いながらも納得するようなことが多々ありました。

 12時間効く薬を寝る前に飲んでおいても、翌朝はまるで飲んでいなかったかのようなオーバーフロー。
 スギ花粉の時のくしゃみ鼻水など、しょーじきなところ戦闘力5でした。

 薬も強いのに変えたのですが、多少効き目はあったものの、今度は体が薬と花粉に負けて、一度倒れるとしばらく動けないという(苦笑)
 何とか朝の家事を終えてご飯を食べ終わると、もう意識が保てず、仕事のない日はそのままお昼まで伏せていることがほとんどでした(仕事には根性で行きました^^;)
 お昼を食べ終わってもマトモに動けることは少なく、また倒れ伏し、夕方にたぶん花粉が少なくなってきた頃、よ〜〜〜やっと動けるようになる。毎日がそういったカンジでした。

 そんな体調の中でも頑張ってあちこち出かけていたのですが(おい)、気付いたことがありました。
 家にいると症状が酷く、都心にいるほうが軽いのです。
 まあ確かに、うちの周りは林とか森とか多いので、スギやヒノキも多いのかもしれません。

 ホントにキツかったです。こんなに大変だった年は初めてです。
 完治する症状ではないので仕方がありませんが、今年のような酷さは二度と御免被りたいなと(苦笑)


 本日もお越しくださいまして、拍手もありがとうございます。お返事は続きへ。



〜拍手お返事〜
>うみのすけさん

 こんにちは、いつもありがとうございます。
 花粉、ようやくふつうのお薬でどうにかなるところまで落ち着いてきました。今年は酷かったですね〜(^_^;)

 ブログ記事への感想、ありがとうございます。
 質流し禁止令、そこだけ解釈したらいかんというところだけ解釈されてしまったようです(^_^;)
 田畑は農民たちにとって命を繋ぐ大事なものですから、それや副産物に関わる法令や税などには敏感に反応したと思われます。私たちも雇用や税金の話題には気を向けずにいられません。

 一揆は起きても仕方がない状況でした。増税に苦しめられ、生活は苦しくなるばかり。そこで声を上げるものが出てくる。どの時代もあまり変わりがないなあと思いました。
 おそらく一揆側も幕府側も両方学ぶところがあったのでしょう、後の処罰は様々な対応がなされたようですね。質流し禁止令は一年で撤回されましたが、撤回が農民まで伝わるのもタイムラグがあったでしょうかれ、そこでもまたいろいろあったかもしれませんね(;^ω^)

 テレビ番組、やはり大河が幕末なせいでしょうか、徳川家が改めて見直されているのかなと思います。
 ブラタモリは銀閣も楽しみですし、新しいパートナーさんも、今度はどんな個性のアナウンサーさんがご一緒してくださるのか気になります。録画しておいてじっくり見ることにします(´∀`*)ウフフ

 今週もお言葉をいただき、ありがとうございました。
 こちらからも明日、伺わせていただきます(^_^)/~


 押してくださった皆様、ありがとうございました。

コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム