FC2ブログ

ゴールデンウィーク中の逃亡先(笑)&拍手お返事

 ゴールデンウィークが始まりましたね。
 今回もお客様じゃないお客様がお見えになる予定ですので、逃亡先を確保しておきます。

没後200年特別展 大名茶人・松平不昧ーお殿さまの審美眼ー
三井記念美術館 2018年4月21日(土)〜6月17日(日)
松平不昧は、徳川10代将軍家治と同時代の人物で、出雲松江藩の越前松平家7代藩主です。
徳川家康の次男・結城秀康の血筋にあたります。
茶人としては自ら流派を興したり、茶道具の収集や作成など、熱心に活動しました。
「天下の名物にして一人一家一国の宝にあらずと知るべし」という信念のもとに集められた名品が揃う展覧会になりそうです。国宝の『梅花天目』を見てみたいなと思います。

創刊記念『國華』130周年・朝日新聞140周年 特別展「名作誕生-つながる日本美術」
東京国立博物館 2018年4月13日(金)~5月27日(日)

日本美術の名作たちを、様々な「つながり」をテーマに紹介するそうです。
祈り・巨匠・古典文学・モチーフやイメージが今回のキーワードになっています。
これ、めっちゃ混みそう(苦笑) 展示品リストによると、国宝や重文に指定されているいないに関わらず、人気の作品が数多く出ていそうなので。
この展覧会自体も面白そうなんですが、ほぼ同時期に特集展示「和物茶碗の世界」や「平成30年 新指定 国宝・重要文化財」、春の庭園解放などもあり、GWは賑わいそうです。

広重 名所江戸百景
太田記念美術館 2018年4月1日(日)~5月27日(日)※後期は5月1日(火)~27日(日)

今年は広重没後160年だそうで、太田記念美術館で2回の特集展示が開かれます。
1回目の今期は名所江戸百景を前期後期で全点を展示、保存状態が良好な作品が多く出されるとのことです。
毎度のことながら太田さんは非常に質の高い展示ばかりで、何度も足を運んでしまいます。

NHKスペシャル関連企画 大江戸展
江戸東京博物館 2018年4月1日(日)~5月13日(日)

リニューアル後初の大型展示。4月29日から放送されるNHKスペシャルシリーズ「大江戸」関連の展示で、江戸の成り立ちや風景、江戸はどうやって大江戸と呼ばれるまでに成長したのかなどを紹介します。放送前に行かないと混みそうですかね(;^ω^)

光琳と乾山 芸術家兄弟・響き合う美意識
根津美術館 2018年4月1日(日)~2018年5月13日(日)

大好きな絵師・尾形光琳と陶芸家・乾山兄弟の作品が並びます。
どちらもデザインのセンスは抜群、ただただひたすら眺めたい展覧会です。
また、根津美術館さんはお庭も素晴らしく、カキツバタが美しい季節になります。すり鉢状の台地に作られた緑豊かなお庭に、紫色のすっと立つ姿は清々しい光景です。

 あとは都内の大型文房具店や水族館、考察を行うために2度目の執行を見に行きたいと思っています。
 行きたい所はいっぱいあるので、ここに上げた以外にも突発的に行ってしまうかもしれません(笑)
 本当は奈良の国立博物館「国宝 春日大社のすべて」とか、京都・壬生寺の壬生狂言とか、めっちゃ行きたい。
 かと思えば、篭ってやらなくてはいけないことも多いので、バランスよく過ごしたいなと。


 本日もお越しくださいまして、拍手やコメントもありがとうございます。お返事は続きへ。



〜拍手お返事〜
>うみのすけさん

 こんにちは、いつもありがとうございます。
 毎度ながら地獄のGWが始まりましたね〜( ¨) お互いお疲れ様です。無事にゴールデンウィーク明けを迎えられるよう頑張りましょう(;´∀`)

 ブログ記事への感想、ありがとうございます。
 吉宗の事績をご紹介いたしましたが、うまく配下を使いながら政治を行っていきましたね。時代に合わせて大鉈を振るったんだなあと感じました。
 ご指摘の通り、徳川幕府が成立して約100年、時代と政策が噛み合わなくなってきていたことでしょう。そこを見極めて一気に改革を推し進めた吉宗、実務的であったと思います。
 日本地図、代替わりの度に書き換えとのことですが、すべてがマンパワーだった当時ではなかなか進まなかったのもわかる気がします(;^ω^) 海岸線をぐるっと一周するだけでも12000キロ、しかも測量をしながらですから、人手も時間もおカネも相当かかりますよね〜。多少は馬や駕籠を使ったとしても、基本的にはヒトの仕事ですし、技術も必要だったでしょうし、想像するだけですごいなと。

 テレビ番組まとめにも目を通してくださり、ありがとうございます。
 新選組はもともと人気がありますし、様々なメディアミックスの影響もありますので、いつも一定の間隔で番組が作られるのはありがたいと思います。テレビでないと入れない特別な場所などを取り上げてくださると、なお嬉しいですね。
 来年の大河は光秀で、子供時代からではなく、ある程度大きくなってからの始まりになると公式サイトにありました。どこまでやるかはまだ不明ですが、私も天海上人説はやったら面白いのではないかと思います(伊賀越も三谷さんのせいでアレなイメージがありますが、光秀ではどうなるのでしょうね)
 個人的には生真面目で苦悩が深い印象の光秀ですが、大河ではどんな光秀に組み上げていくのか楽しみです(*^^*)
 ブラタモリの新アシさん、私も先日ようやく録画で拝見いたしました。さっそく地形用語の洗礼を受けていましたね。すでに形が出来上がっている番組に入っていくのは大変かと思いますが、新しい風を吹き込んでくださるといいなと思います。

 ご帰省直前のお忙しい中お立ち寄りくださり、ありがとうございました。無事のお戻りをお待ちしています。
 こちらからも後ほどお伺いしますね〜(^_^)/~


 押してくださった皆様、ありがとうございました。


コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム