FC2ブログ

フツーでいいのよ&拍手お返事

 最近、嫌なニュースばかりでガッカリすることが多いですね。
 しかしながら、ニュースだけじゃないのがまたぐったりするところです。

 先日、こんなことがありました。
 近所のショッピングモールに出来た喫茶店に行きました。
 オープンしてから半年ぐらい経ったので、そろそろサービスとかも落ち着いたかなと思って。

 ところが。
 入店の案内では、どこに座っていいのか迷うような感じで。
 注文の復唱もモゴモゴ。
 食事が終わって10分経ってからもデザートが運ばれてこず。
 いつになったら来るのかな〜と、私の席の横を行き来する店員さんを横目で見ること40分経過。
 ちらちらと伝票を置いてあるスペースを見ていると、フロアの担当者は何度も伝票を確認している。
 でも、伝票を挟んでいるバインダーが複数重なっているので、おそらく私のデザートの伝票を見逃している。
 そろそろ呼ぼうかなと思って、卓上のベルを鳴らす事2回、全然来ない。
 3回目でやっと来たので、デザートを取り消してもらったのだけれど、取り消しを間違えたらしく、もう一度デザートが入力されており。
 お会計の時には「すみませんでした〜」の一言だけで、お辞儀もなく終わりでした。

 ランチ時だったけど、どんなに多くても客入りは7割程度。
 私も飲食店で働いていたことがあるので、忙しい時にパニクるのはわかるんですけど、いくらなんでも酷すぎかなと。

 この先のお店の存続が心配です。
 ただでさえこのショッピングモール、お店の入れ替わりが激しいし、特に最上階は閉店ラッシュで、そのうち使わなくなるんじゃないかと危惧しています。せっかく地元のお店なので、もっと頑張ってほしいというか、いや、頑張らなくてもいいからフツーに営業してほしいと思いました。

 そう、フツーでいいんですよフツーで。
 フツーにマニュアル通り接客して、フツーに残り伝票一枚ずつ確認してくれれば、今回の件は防げたはず。
 今度行く時にはフツーでお願いします。

 この前の某アイドル氏の事件も、フツーに「さみしい」って言えればよかっただろうし。
 某大学の競技スポーツも、フツーにフェアプレイでいけばよかった。
 そして過ちがあったら、フツーに認めて謝罪し、贖罪の道をたどればよかったのでは。
 フツーを大事にできる世の中であってほしい。

 こういったことがあったり、異音がしたので10日ほど預けたバイクが結局原因がわからず返されたり、別の人が間違えた日に出したゴミを私のせいにされかかったり、悪くなりかけたものを食べさせられそうになったりしておりますが、私は元気です。でもちょっとオラに元気分けてほしいかな(苦笑)


 本日もお越しくださいまして、拍手もありがとうございます。お返事は続きへ。


〜拍手お返事〜
>うみのすけさん

 こんばんは、出発の直前のお忙しいところお越し下さり、ありがとうございます。
 ご旅行中、お天気がよくありますように(^_^)

 ブログ記事への感想、ありがとうございます。
 家重の周りを固める幕閣たち、堅実な政務を執り行える方々が多かったようです。
 吉宗が大鉈を振るった後ですから、それらを定着させたり、跡継ぎをしっかりもり立てていくことが出来る人材でなければいけなかったと思います。人が集まれば意見が違う人も出てくるのが世の常ですから、まとまって政治を執り行うのは本当に大変だったかと(;^ω^)

 学問の成熟も、この時代ならではでした。
 吉宗が取り入れた外国の知識が民間に浸透し、日本の知識と照らし合わせることによって、また新しい考えや技術が生まれたり、古き良きもの(主観はそれぞれですが)が掘り起こされたりして、家重やこの後の時代に成熟していく、そんな感じですかね〜。

 義経千本桜や仮名手本忠臣蔵、この時代です(*^^*)
 仮名手本忠臣蔵は、登場人物の名前など幕府に忖度したのですが、最初の上演は3日で打ち切り命令が出たそうです(笑) それでも何度も上演され、現在まで続く人気作になったのは、民間のチカラなのでしょう。

 TV番組、今週は歴史関係がたくさんありました。
 新しい番組も楽しみなのですが、古い番組や映画なども、改めて見直してみると発見があったりして面白いですよね。
 なかなかすべてを見ることは出来ませんが、来週もいい番組をご紹介していく所存です(`・ω・´)ゞ

 今週もあちこちに目を通してくださり、ありがとうございました。
 こちらからはいつもどおりにサイトへお伺いいたしますが、お返事はお帰りの後、お時間のある時にお願いします。
 まずは無事のお戻りをお待ちしています(^_^)/~


 押してくださった皆様、ありがとうございました。

コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム