FC2ブログ

久世福商店の長崎県産藻塩&拍手お返事

 最近、長崎県産の藻塩にハマっています。相方はんが(笑)

 2年前ぐらい前、相方はんが出先で唐揚げを食べて、そこに添えられていたお塩がおいしかったと言っていました。
 「色がついている塩」
 というキーワードを頼りになんとなく探していたのですが、今年に入ったあたりに、それが藻塩だということがわかりました。

 通常のお塩は海水を煮詰めて作るのですが、藻塩は海藻に海水をかけて塩分を含ませたものを焼き、水に溶かした上澄みを煮詰めて精製するものだそうです。
 色は白ではなく生成り色で、味はまろやか。
 これが全然、普通のお塩と違う口当たりでして、すご〜〜〜く柔らかなんです。
 通常のお塩より塩分濃度が低く、ミネラル分が多いことに由来しているそうです。

 近所のお店でも小分けのパックで売っていて、味は美味しいのですが、チャック付きのパックに入っているので、ちょっと使いづらい。
 穴開きの蓋がついているビンに詰め替えてみたりもしたのですが、穴の大きさとお塩の粒の大きさがなかなか合わなくて、うまく振り出せず…。

 たまたま立ち寄った『久世福商店』さんで、瓶入りの藻塩と出会ったので買ってみました。
 久世福商店さんは、「ザ・ジャパニーズ・グルメストア」を掲げる、日本中の美味しいものを集めたお店で、和の食材だけでなく、ジャムやパスタソースなども売っている面白いお店です。

 このお塩が、サラサラで降り出しやすく、とても使い勝手がいい。
 味もちゃんと藻塩でおいしい。
 調理中の味付けにも使えますが、食卓塩としても使えます。
 先日も相方はんがじゃがバタに振りかけて、「んまーいィィ」と悶絶しておりました(笑)

 お値段はちょっとお高めですけど、そんなにじゃんじゃん使うものでもないですし、料理も美味しくなりますし、お塩ぐらい贅沢してもいいかなと思ってます(´∀`*)ウフフ


 本日もお越しくださいまして、拍手もありがとうございます。お返事は続きへ。



〜拍手お返事〜
>うみのすけさん

 こんばんは、いつもありがとうございます。
 毎日どーんと暑いですねえ(;^ω^) 不要不急の外出は控えて、熱中症には気をつけたいですね。

 ブログ記事への感想、ありがとうございます。
 この時代の出版、実に興味深いです。これだけの人物が名を連ねているのもすごいですし、こういった知識が民間に浸透し、出版という形で主張できたというのもすごいなと思いました。特に尊王思想なんて、幕府批判にもつながっていきましたし、出版統制も厳しかったりしたんじゃあないかなと思うのですが。

 私も、吉宗時代に入ってきた海外の知識が浸透してきたのではないかと考えています。それらを受け入れて読んでいた人たちもいましたから、知識の裾野は相当広がっていったのでしょうね。

 次回は家治の家族についてを予定しております。

 海外との付き合い方も、おそらく小さな交流や衝突はこれまでにもあったのでしょうが、国家レベルで考えざるを得なくなってきたのはこの辺りのようです。大陸伝い・海伝いで各国の行き来がなされるようになってきた時代、日本にもこれまで来なかった当然外国はやって来るわけで…ここから幕末の開国まで約80年、もうあまり時間はなくなってきました。

 TV番組、白虎隊はちょっと早めですが、再放送がありました。そうですね、8月だと終戦記念日もありますから、じっくり見ていただくのは早めか遅めのタイミングになってしまうのかもしれません。旧暦8月を新暦に直すと10月になり、紅葉の季節。そうなると紅葉を紹介する番組が増えてきますから、やっぱりタイミングは難しいかもです。

 戦国と幕末、私もストライクです。楽しいですよね(●^o^●)
 地理バラエティ、最近は近場のお出かけが流行っているようです。おっしゃる通りこの暑さでは遠出も厳しいですし、ちょうどいい番組なのではないでしょうか。

 今週もお言葉をいろいろとくださり、ありがとうございました。
 こちらからもまたお伺いいたします(^_^)/~


 押してくださった皆様、ありがとうございました。

コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム