FC2ブログ

夏のお出かけ2018&拍手お返事

今年もお盆がやってまいりました。
私は勤務先のお盆休みのとり方が変わったので、ずっと仕事です。
お客様じゃないお客様もお見えになるみたいですけど仕事ですので(しらっとぼけ)
平日は仕事で逃げられますが、土日はそうもいかないので、逃亡先を確保しておきます。↓↓↓

琉球 美の宝庫
サントリー美術館 2018年7月18日(水)~9月2日(日)
 沖縄はかつて琉球と称され、独特な文化を育んできました。
 染織、琉球絵画、螺鈿・沈金・箔絵などの工芸品などの、琉球王国の素晴らしい芸術品を紹介するそうです。
 第二次世界大戦を生き残って展示される貴重な美術品の数々、その歴史とともにじっくり拝見したいです。

明治150年記念 書と絵が語る明治 
東京国立博物館 2018年7月10日(火)~9月2日(日)
 今年は明治150年ということで、あちこちで特別な展覧会が催されています。
 東京国立博物館では、明治の著名な人物の揮毫や、新しい時代に入ってきた表現方法によって描かれた風景などを見せてくださるそうです。
 特別展の「縄文ー一万年の美の鼓動」ももちろん面白そうです。

落合芳幾
太田記念美術館 2018年8月3日(金)~26日(日)
 幕末から明治にかけて活躍した浮世絵師・落合芳幾。
 月岡芳年や河鍋暁斎などのほうが有名ですが、芳幾も芳年同様、歌川国芳の弟子です。むしろ芳幾のほうが兄弟子で、血みどろ絵では競作もしています。
 師匠譲りの画面のアイディア、彼ならではの繊細さ。明治時代の新しい絵の具や技法などが楽しめるといいなと思います。

東京150年
江戸東京博物館 2018年08月07日(火)〜10月08日(月)
 明治とともに、江戸は「東京」と名を改められました。それから150年、東京は維新の混乱や戦争、地震などで何度も破壊されては立ち上がってきました。150年におよぶ東京の姿を、写真や地図などから紐解いていきます。
 8月28日から始まる特集展示『玉川上水』も、江戸の町の発展を考えるには興味深い題材です。

 上記にプラス、日帰りで京都に行くことにしました。
 よく「こちらから日帰りで京都に行くのはもったいない」と言われますが、それが本当なのか検証してきます。
 あと映画銀魂2も観たいですねえ。


 本日もお越しくださいまして、拍手もありがとうございます。お返事は続きへ。




〜拍手お返事〜
>うみのすけさん

 こんにちは、いつもありがとうございます。ご帰省お疲れ様ですm(_ _)m
 蒸し暑い上にお天気もコロコロ変わるようですので、体調にはお気をつけてお過ごしください。

 ブログ記事への感想、ありがとうございます。
 松平定信は、ちょっと真面目が過ぎたようですね。きちんとしなければいけないところはしなければいけませんが、あまりガチガチすぎるのもよくない例です。その前の賄賂政治がガバガバだったこともありますけど(;^ω^) 川柳にも歌われてしまうわけです。
 そうなんです、たった6年なんですよ。たった6年である程度の財政建て直しを行い、日本史に名を残すまでになったんです。これで多少ゆるいところもあれば、もっとうまく政治の舵取りが出来たかもしれませんね。でもこの6年というのが実に絶妙な時間でして、家斉が15歳で将軍になって定信が老中首座になり、家斉が21歳になって定信が罷免されるのです。意図的なものを感じなくもない…。
 次回は家斉時代の出来事をお届けいたしますが、数回に分けると思います。出来るだけ簡潔に、数を絞るつもりですが、いつもの癖であれこれ書いてしまうかもしれません(;^ω^)

 テレビ番組、幕末特集が多いですよね。大河が維新の時代に近づき、今年は明治150年でもありますので、盛り上がっているようです。
 うみさんがご覧になりたいとおっしゃっていた番組、ちらっと見ました。えーと、我々江戸ヲタク的にはフツーな内容でした。ただ、川風は気持ちよさそうでした。

 今週もお忙しい中お言葉を頂戴し、ありがとうございました。
 こちらからも明日、サイトへ伺わせていただきます。
 無事のお戻りをお待ちしています(^_^)/~

 押してくださった皆様、ありがとうございました。
 よいお盆をお過ごしくださいませ。

コメント

非公開コメント

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム