2017年10月18日  徳川さんちの十五代:五代・綱吉 その6

 華やかでもあり、問題もありな綱吉の時代を、もう少し掘り下げていきますね。
 特に元禄文化は有名な人が多いですし、出版が盛んになったもよう。
 お読みくださる方は続きへお願いします。

※お返事不要の方へ:再度のご確認ありがとうございました。引き続きお楽しみいただければと思います(^o^)

続きを読む

2017年10月14日  さらばガラケー&拍手お返事

 とうとうガラケー止めました(笑)

 スマホの料金に納得がいかなくてガラケーに戻して、6年使っていました。
 メールの送受信が無料のプランを組んで、ツイッターの投稿やタイムラインを取得したり、パソコンに入ってくるメールをガラケーに転送して外出中もすべてのメールをチェックできるようにするなど、小細工していました(笑) おかげでとても快適なガラケー生活でした。

 7月にiPhone7Plus(とiPad Pro)を買って、Wi-Fiルーターも止めて、ガラケーとiPhone(格安SIMのデータ通信オンリー版)の2台使いをしていました。

 しかし、やっとスマホ向けの料金に納得行くものが見つかったのと同時に、今月でガラケーの2年縛りが切れるのがわかったので、iPhoneのデータ通信オンリーSIMを音声通話付きデータ通信SIMに変更してiPhone1台にし、ガラケーの契約を切りました。
 
 今までお疲れ様ガラケー。
 ほんとにお世話になりましたm(_ _)m


 本日もお越しくださいまして、拍手やコメントもありがとうございます。お返事は続きへ。

続きを読む

2017年10月13日  2016年3月 京都・大阪・奈良三都縦断の旅 その24・東本願寺その2

santo2016-3-1 - 10
東本願寺さんの2回目は、阿弥陀堂と御影堂です。
あいにく幕末時は火災で燃えてしまっているし、組ヲタだとついお西さんばかり注目してしまうのですが、佐幕派ならむしろ、徳川と縁が深いこちら、お東さん。

 天正十九(1591)年に大坂の天満から京都の七条堀川に移転してきた本願寺は、翌年に十一代目が没した後、十二代目に嫡子の教如が座ります。
 しかしさらにその翌年、豊臣秀吉が教如を引退させ、教如の弟・准如を十三代目にします。
 そしてその後、引退した教如は交流のあった徳川家康から現在の土地を寺域として与えられ、弟から分派して東本願寺を創建しました。
 別の回でもご紹介いたしますが、幕末には徳川慶喜が、東本願寺の飛地境内にある渉成園に宿泊しています。

 これまでゆっくり訪れることが出来なかったので、今回行けてよかったです。
 でっかい写真満載、お読みくださる方は続きへお願いします。

続きを読む

2017年10月11日  徳川さんちの十五代:五代・綱吉 その5

IMG_1180.jpg
この時代までにはすっかり出来上がっていた役職制。
しかし、綱吉は新たに側用人という役職を置くことにしました。
有名なのは柳沢吉保ですね。写真の六義園を作りました。

他に綱吉を支えた人物は誰がいたのか。
あの人はジジイになっても幕府に影響を与えていたとか。
お読みくださる方は続きへお願いします。

続きを読む

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム