2018年07月12日  徳川さんちの十五代:十代・家治 その5

 遅刻してすみません。ご紹介したい人物がいっぱいおりまして苦戦していました。
 奇才・尊王論者・絵画の発展・主にロシアへの対外感情など、盛りだくさんです。文字いっぱい。
 お読みくださる方は続きへお願いします。

続きを読む

2018年07月09日  今週注目の番組(7月15日(日)まで)〜白虎隊など

西日本の豪雨災害で亡くなられた皆様のご冥福をお祈りいたします。

☆☆☆

2018/07/09(月)22:00~22:54 【BS-TBS】
にっぽん!歴史鑑定『家康と信康 父と子の争い』

2018/07/10(火)19:00~20:54 【BS-TBS】
日本の旬を行く!路線バスの旅「夏の北海道で秘湯をめぐる2時間スペシャル」

2018/07/10(火)22:00~22:45 【NHKEテレ1東京】
先人たちの底力 知恵泉「嫌われ者の極意 蒲生氏郷 秀吉に“恐れられた男”」


2018/07/11(水)8:53~9:53 【BSジャパン】
時代劇☆白虎隊~敗れざる者たち 第1話


2018/07/11(水)20:00~20:54 【BS-TBS】
美しい日本に出会う旅▼夏の極楽温泉の旅~日本一の湯!草津・別府で爽快地獄めぐり

2018/07/11(水)20:00~21:00 【NHKBSプレミアム】
偉人たちの健康診断「毛利元就 戦国スーパー睡眠術」

2018/07/11(水)23:00~23:30 【NHKEテレ1東京】
ふるカフェ系 ハルさんの休日・選「栃木・日光 世界遺産の中にあるカフェ


2018/07/12(木)8:00~9:00 【NHKBSプレミアム】
英雄たちの選択「真説!北の関ヶ原合戦~直江兼続VS.最上義光~」

2018/07/12(木)8:53~9:53 【BSジャパン】
時代劇☆白虎隊~敗れざる者たち 第2話


2018/07/12(木)19:00~20:54 【日テレ1】
ミスター笑点 桂歌丸師匠追悼特番

2018/07/12(木)19:30~20:15 【NHK総合1・東京】
ネーミングバラエティー 日本人のおなまえっ!【北海道のおなまえ】


2018/07/12(木)20:00~21:00 【NHKBSプレミアム】
英雄たちの選択・選「武田信玄から真田丸へ~城の密集地帯 川中島の秘密~」

2018/07/12(木)21:00~21:54 【BSジャパン】
空から日本を見てみよう+▼新宿~箱根湯本(前編)

2018/07/13(金)8:53~9:53 【BSジャパン】
時代劇☆白虎隊~敗れざる者たち 第3話


2018/07/13(金)21:00~23:24 【日テレ1】
金曜ロードSHOW!「ジュラシック・ワールド」★シリーズNo.1の最高傑作

2018/07/14(土)19:30~20:15 【NHK総合1・東京】
ブラタモリ「#108 関門海峡・下関」

2018/07/14(土)21:00~21:54 【テレビ東京1】
出没!アド街ック天国 ~江戸川区篠崎~

2018/07/15(日)20:00~20:45 【NHK総合1・東京】
西郷どん(26)「西郷、京へ」

2018/07/15(日)22:00~23:00 【BS11イレブン】
京都浪漫 悠久の物語 第8回「三十三間堂~1001体の千手観音が国宝に!~」


 2013年に放送されたテレビドラマ「白虎隊〜破れざる者たち」が放送されます。
 主役の西郷頼母に北大路欣也さん、土方副長に岸谷五朗さん。
 全3話という大ボリュームです。

2018年07月08日  【読本天国】アイヌの本2冊&拍手お返事

 『ゴールデンカムイ』にハマって、アイヌの歴史をもっと知りたいと思い、いろいろと本を読んでいます。
 とりあえず読了した本をご紹介します。


 小学生の学習向けの本です。
 いきなり難しい本を読むと理解できなくて挫折するので、ぱっと俯瞰できる本は重宝しています。
 が、内容は侮れません。アイヌ語を母語として育った、アイヌの資料館館長さん(故人)が監修し、民俗学の写真家さんが撮影した写真をふんだんに使用した、アイヌに対する知識を充分吸収できる中身になっています。

 アイヌの衣食住、仕事、行事、遊びや文化などの説明と写真がたくさん載っています。
 特に、再現料理のカラー写真や、儀式の写真などがわかりやすくていいと思います。
 あと、今いくつか並行して読んでいる大人向けの本にある、アイヌの人達が差別されてきた悔しさみたいな文章がほぼないのも、読みやすい一因となっていると思います(その気持ちはわかります。ちょっと後述あり)。
 『ゴールデンカムイ』でアイヌ文化について知りたい方は、まずこの本を入口にするといいかもです。


 アイヌ語と日本語、そしてその事象を書いたイラストや写真が載っている辞典です。
 「あ、この単語、漫画の中で見た」と思いながら楽しく読みました。
 ラッコやトナカイといった動物や、北海道の地名にアイヌ語が散見されますね。
 語順は日本語と同じらしいのですが、数の数え方がまったく異なっているのがわかったのが面白かったです。


<余談・私が経験したアイヌの差別>
 私が小学校の高学年だった時にクラス内であった差別について書きました。
 楽しい話ではないので反転しておきます。嫌な気分になりたくない人はそっとお立ち退きくださいませ。

 小学校高学年の時、クラスに北海道出身の女の子がいました。
 男子から、「◆◆◆」とあだ名を付けられ、からかわれていました。
 「◆◆◆」とは、その子が北海道出身であるゆえにアイヌだと思われて、アイヌとは直接言わずにつけられたあだ名でした。
 ちなみにアイヌ語の辞典類をいくつか調べてみましたが、アイヌ語は◆◆◆という言葉は見当たりませんでした。

 彼女は、見た目的には、まあ、言われればそうかな?という感じではありましたが、ごく普通の子だと思っていました。
 名字がちょっと珍しかったので、そう思われたのかもしれませんが。
 それに、私は小さい頃から絵本や民話集で世界各地のお話を手当たり次第に読んでいたので(本が友達←)、世界にはいろんな民族がいて、日本の中にも北から南までいろんな文化を持った人たちがいると考えていました。
 なので、アイヌの人たちが差別されているなど思ってもおらず、小学校高学年になってやっと「そうなんだ」と思ったくらいでした。

 男子がそういったことをしているのを見て、何やってんだかと平たい目で見ていました。
 ところが、ある日、女子の中にも北海道出身の彼女を「◆◆◆」と蔑んでいる人がいるのを知ってしまいました。

 クラスの女子は強い女子チームと弱い女子チーム真っ二つに分かれていて、北海道出身の彼女は、強いチームにいたものの、強い女子たちにいじめられていました。時々、弱い女子チームに行ったりもしていました。

 私は弱い女子チームに属していましたが、強い女子チームの中に仲がいい子がいました。
 クラスで、とある遊びが流行りはじめた時、その仲のいい子に教えてもらうことにしました。
 そこへ、北海道出身の彼女も「一緒に教えて」と入ってきました。

 その遊びにはかけ声が必要だったのですが、
 「掛け声何にしようかな…あ、◆◆◆でいいや」
 と、仲のいい子が、北海道出身の彼女をチラリと見て言い放ったのです。

 “今、何つった?”
 思わず私は表情を変えてしまいました。
 強い女子の中で、その子をいじめているだけでなく、男子が蔑んでいる言葉まで使っているのか、同じ女子同士なのに、と。

 まあ、その後はお決まりのコースで。
 私もそれまで強い女子チームに多少(としておく)いじめられていたんですが、さらにひどくなり。
 仲がよかったはずの子に、その子にしか教えていなかったことを暴露されました(苦笑)

 どこ出身だから何だってんだ。
 だいたい、そんな狡いイジメをするお前らが、そんなにお偉い身の上なのか。腐りきってる。
 今でも理解不能です。


 暗い話でシメるのもアレなので、いいことも書きます。
 竹光買いました。ちゃんとしたやつ。
 これでいろいろ捗るぞー。

 本日もお越しくださいまして、拍手もありがとうございます。お返事は続きへ。

続きを読む

2018年07月05日  徳川さんちの十五代:十代・家治 その4

 家春の時代は様々な本が出版されています。
 『解体新書』や『豆腐百珍』などがこの時代です。
 吉宗の頃から入ってきた外国の知識が民間に浸透してきて書籍になったり、民間から様々な才能のある人たちが現れたりしています。
 ちょっと変わったところでは、石の博物誌が出て30年以上に渡って刊行され続けるというロングセラーがあったりします。
 お読みくださる方は続きへお願いします。


続きを読む

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム