2017年09月29日  2016年3月 京都・大阪・奈良三都縦断の旅 その22・奈良のお水取り

santo2016-1-c - 155
名残惜しく大坂城を後にした私は、奈良の東大寺へ向かいました。
二月堂で行われる“修二会”を見に行くためです。
慣れない夜間撮影に四苦八苦しつつ、神聖な行事を体感する様子をお届けいたします。


今回はホントに写真満載、お読みくださる方は続きへ格納いたします。

続きを読む

2017年09月27日  徳川さんちの十五代:五代・綱吉その3

IMG_2039.jpg
今回は綱吉の時代の大きな出来事である「生類憐れみの令」についてです。
写真は東京都文京区の護国寺。
綱吉の母・桂昌院の祈願寺として建立されました。

ここにはかつて護持院という別のお寺も隣接していました。
その開山である隆光という僧が、生類憐れみの令に関わってきます。

護持院は神田橋にあったのですが、火事で焼けて護国寺の隣に移転しました。
神田橋と言えば、綱吉が将軍になる前に住んでいた館林御殿のあった区域です。
隆光は綱吉の母・桂昌院の帰依を得て神田橋護持院の大僧正となり、関東真言宗の大本山として権勢をふるいました。

松の廊下事件も書くつもりでしたが、都合で次回に回させていただきましたm(_ _)m
お読みくださる方は続きへお願いします。

続きを読む

2017年09月23日  芸術の秋2017&拍手お返事

東京で行われる今秋注目の展覧会をご紹介いたします。

六本木開館10周年記念展天下を治めた絵師 狩野元信 atサントリー美術館
2017年9月16日(土)~11月5日(日)

 日本美術史にその名を残す狩野派。
 始祖・狩野正信の息子に生まれ、中国風の漢画と大和絵を融合し、狩野派の基礎を盤石にした正信の作品をどどんと展示です。
 時代的には室町時代の人で、孫には永徳、さらに永徳の孫には探幽(ここでやっと江戸時代)がいます。ビッグネームばかりですね。
 山水画、人物画、花鳥画などあらゆる画題に優れ、優秀な二代目の元信。彼(というか、狩野派の絵師)が単独で取り上げられるチャンスはあまりないと思われますので、この機会に楽しみたいですね。

◆江戸の琳派芸術 at出光美術館
2017年9月16日(土)〜11月5日(日)

 1600年代に京都で展開した「琳派」。それが1800年代になると江戸でも流行し、姫路藩酒井家の次男・酒井抱一、その弟子・鈴木其一らが腕をふるいました。それらは京都の琳派とは一線を画すようになり、「江戸琳派」と呼ばれるようになりました。
 抱一大好きマンとしては、「燕子花図屏風」や「風神雷神図屏風」などの有名な作品もさることながら、その影に隠れがちな作品も楽しみたいところです。

◆興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」 at東京国立博物館
2017年9月26日(火) ~11月26日(日)

 運慶ですよ運慶。東大寺南大門の金剛力士像で有名な、あの運慶の大展覧会がどどどんと開催されます。
 見るものを圧倒する運慶の力強く写実的な彫刻が目の前に。
 仏像大好きな某声優氏の音声ガイドを聞き込みながら、じっくりたっぷり回りたいと思っています。
 前々から人気も高く、宣伝もすごく行われている展覧会ですので、激混みは必至。時間と心に余裕を持って望まねばならないと、今から構えております(笑)
 体力に余力があれば&時期が重なれば、運慶の後継者たちの展示と、秋の庭園開放も楽しめますよー。

◆葛飾北斎 冨嶽三十六景 奇想のカラクリ at太田記念美術館
2017年9月30日(土)~10月29日(日)

 葛飾北斎の代表作「富嶽三十六景」全46点を、7年ぶりに一挙公開。
 全国各地の様々な場所から富士山を描いたシリーズで、売れ行きがよかったため10点を追加して全46点となったそうです。
 ストレートに富士山の絵を楽しむも良し、富士山以外にも盛り込まれた北斎のアイディアを楽しむも良し。北斎70歳の作品と向き合える展覧会です。

 さて、いくつ行けますか(^O^)


 本日もお越し下さり、拍手もありがとうございます。お返事お待たせいたしました、続きへ格納いたします。

 

続きを読む

2017年09月22日  2016年3月 京都・大阪・奈良三都縦断の旅 その21・大坂城その8

※20日にコメントをお寄せいただいた方、ありがとうございます。
 お返事は土曜日に行わせていただきますのでお待ち下さいませm(_ _)m


santo2016-1-c - 142
大坂城最終回の今回は、桜門の正面にある豊国神社。
ご祭神はこの人、豊臣秀吉。子の秀頼と弟の秀長もご祭神です。
この銅像は、1943(昭和十八)年に鉄材として供出されましたが、2007(平成十九)年に復活しました。

明治元年、明治天皇の大阪行幸がきっかけで造営され、数度の移転を経て現在地へ鎮座した豊国神社。
お読み下さるかたは続きへお願いします。

続きを読む

web拍手
コヤマライヴジム
ブクログ
カテゴリ
プロフィール

小山奈鳩

Author:小山奈鳩
時々江戸時代(主に幕末)へ暴走します。

QRコード
QR
リンク
検索フォーム